家族でスキーに行ける軽自動車スペーシアって何もの?

スキーヤーにとって車選びは大事ですよね。

そんな車選びの話をしようと思いますが、
軽自動車でもスキーは積めるって話は以前しました。

この記事です、
節約すればスキー場に行ける、楽々節約術 車編

この記事が人気記事になりそうですので、
それに関連して車選びについて考えてみましょう!!

 

私の愛車であるスペーシアについて語ります。
最強の車だと思っていますので!

 

今グーグルで「車 スキー」で検索するとこうなりました。

kuruma suki
この1番目に表示されたページをクリックしてみると、、、

家族でスキー&スノーボードに行きたくなる車5選で、
なんとスペーシアがランクインされていました。

ホントかよって自分でも思いましたが、本当でした。

ポイントはやはり荷物をたくさん積めることだそうです。

 

すごいなぁ、スペーシア、
最強だわ。。。。

 

この車の良さはいくつかありますが、

1.燃費が良い

三菱から発生した燃費問題
スズキも正式な測定方法をしていなかったようですが、
ぶっちゃけ私からしたらどうでもいい話です。

所有者が言っているんだからそうでしょ。どうでもいいです。

スペーシアも不正車両に入っていたそうです。

スズキの場合は全車種で適正試験しなおした方が燃費が良かったみたいですね。
これすごいですよね。

この問題はおいといて、知りたいのは実燃費ですよね。

私の所有しているのはスペーシアカスタムのGS(4WD)というグレードなんですけど、
カタログ値は、「26.8」となっています。

それで、最近すごい記録を出しました。
過去最高記録が先月出ました。
記録は「27.9km/l」です。

信号がほとんどなく車も少ない道路で、150kmぐらい走った時の値です。
メーターに出る数値が27.9となりました。

おそらく実際はこのメーターの値より1~2km/l落ちると思います。

でも27.9ってびっくりです。

カタログ値を上回ったのです。
カタログ値の104%です。100%超えは聞いたことないですね!

 

まあ、27.9は出すぎだとしても、夏で渋滞していない道なならば20は出ますね。
先週も信号の少ない道走っていたら25出ました。

高速で100km/hぐらい出すと20出ないぐらいですね。
80km/hぐらい超えるとかなり落ちてきます。

あと冬はだいぶ落ちます。
下手すると15いかないぐらいです。

 

トータルでみると20ぐらいだと思いますよ。

スズキが不正試験していようが、スペーシアの燃費は良い

 

他サイトを見ると、ライバルであるタントやN-BOXよりも実燃費は良いようです。

 

魔法のコーティング剤『GLOSS MAGIC』

2.荷物がたくさん積める

これに関しては、キャリアなしで楽々スキーが詰める
(⇒スキーを車に積む方法を考えてみた
ことを考えればわかるでしょう。

 

荷物はたくさん積めます。

コンパクトカーなんて乗ったら狭いと感じるでしょう。

同じスズキのスイフトに乗ったときにすごい狭いと感じました。

荷物をたくさん積みたいならば、コンパクトカーより背の高い軽自動車です。
これは間違いないです。

3.意外とスピード出る

ライバルであるタント・N-BOXと比べるとスペーシアは走行性能が良いと言われます。

 

確かに結構スピード出せます。
でも加速するときに回転数かなり上がりますね。

出そうと思えば出せます。
さすがに急坂は普通車に追いつかれてしまいますが、ちょっとした坂ならば全然問題なし。

高速道路でも100キロは出せるので心配なく!

 

ちなみに商用車であるるハイゼットとかと比べると全然違いますからね。
仕事で乗っていたことありますがハイゼットとはパワーが違いすぎます。
同じ660ccはなのにこんなに違うか!?という感じです。
ソルボらく楽コンフォートマット

4.視界が良く運転しやすい

最近の軽はみんなそうだと思いますが、前横見やすいです。
小回りも聞くしいいですよ。

5.雪道でもいける

軽だから危険ってことはないです。
普通車より滑りやすいかもしれませんが、滑った時の立ちなおしは早いですからね。

圧雪路であれば、普通に運転していれば問題ありません。

しかし深雪のところはSUVとはくらべものにならないでしょう。

雪が少ない地域の人は軽は心配と思ってしまうかもしれませんが、
雪国の人は冬に軽自動車なんて普通に使っていますから。

一人・二人でスキーへ行くって人は、軽自動車特に、荷物がたくさん積めるスペーシアは検討すべきです。

 

ちょっと気になっているのは、この車はABSが効きやすいです。
効かなければもっと短い距離で止まれるじゃんって思う時があります。
もちろん走る場所にもよりますが、、、。

でも1回ABS作動したらもう本気でフルブレーキです。
止まるまで本気でブレーキ踏みましょう。

 

買い替えの際は、高く買い取ってもらいましょう。

6.まとめ

上の5項目について書いてみましたが、
もっと出てきそうです。

 

出てきたら追加しておきます。

 

スペーシアは普段使い・スキーを考えると1.2人乗り用の車ですね。

3.4人乗ることが多いとなると、普通車の方がいいと思いますが、
基本1.2人で乗る人ならばスペーシアはかなりいい車です。

フィットとかウィッツとか売れてると思いますが、
私からしたらなんで???
車内狭いし、税金高いのになんでそんな車買うの?って思います。

スペーシアは税金の安さ、使い勝手、走行性能などを考えると最強の車です!
ぜひご検討を!

 

N-BOXとかタントとかデイズルークス、eKスペースなんかがライバル車種ですが、
大きな違いはないと思います。
細かい違いは他サイトで調べてみてください。

マツダのフレアワゴンはスペーシアのOEMです。
ほぼ同じ車です。

 

ってことで長文になっていましたが、これで終わりにします。
質問は下のコメント又はツイッターからどうぞ!

それでは!
スノダノブユキ

 

腰痛でお悩みの人へ、
体圧を分散させて腰の負担を軽減させるクッションが運転中には効果的です。
車の運転に最適な薄型クッション「ソルボらく楽コンフォートマット」

関連記事
スキーを軽自動車に積む方法を考えてみた
軽自動車でスキー場行けるの?雪道大丈夫なの?って思う人必見

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓