自分にあったスキーブーツの選び方を公開No.2(フレックス編)

どうも、スノダノブユキです。

みなさんスキーブーツは何を使っていますか?

私はレクザムPower REX-S130を使っています。

ブーツって選ぶのが一番難しいと思うんですよね!?!?

だから以前ブーツの選び方についての記事を書いたりしました。

(⇒自分にあったブーツの選び方を公開(骨格との相性)

ブーツ選びに迷っている人は↑のリンクをクリックしてみてください。
もしかしたらあなたに役立つ記事が載っているかもしれません。

 

この記事にはフレックスについてはふれませんでした。
だから今日はフレックスについて書きます。

まず「フレックス」って何?っていう人いますよね!?

簡単に説明すると「硬さ」です。
100とか130とかいう数値で表されているんですが、
この数値が高いと硬い、低いと柔らかいです。

 

今まで履いていたブーツのフレックスがわかれば次買うものが比較できますが、
今履いているのはいくつ?って人は困りますよね。
またメーカーによっても差はあります。

 

実体験ですが、ラングの140よりもヘッドの130よりもレクザムの130は硬いです。

これは私の感覚です。
もしかしたら人によって変わってくる可能性はあります。
この3つの中でレクザムの130が一番柔らかいと感じる人もいるかもしれないし、
ヘッドの130が一番柔らかいと感じる人もいるかもしれません。

 

これは、人によって足の形が違うからです。
足の形が違うので、人によって硬さの感じ方も異なります。

一般的にはレクザムは硬いと言われています。

手で触ってみるとわかりますが、レクザムの130は相当硬いです。
ブーツ履くのに慣れていない人は、まず履けないです。
ヘッドの130は少し柔らかめです。

また最近メーカーの統合がされてきているので、
ラングとロシニョール
テクニカとノルディカ
はほとんど同じだったりします。しかしカラーの違いにより、
ロシよりラングの方が硬かったりします。
これは色を付ける素材のせいみたいです。

 

よってブーツを選ぶときに、フレックスの数値は参考にしますが
あとは自分で履いてみて硬さを決める必要が出てきます。


前回の記事でも書きましたが、同じモデルでも違うサイズを履くと硬さの感じ方も変わるのです。
これ当たり前と言えば当たり前です。
だって自分にフィットしているブーツというのは柔らかく感じます。
しかし大きいサイズは遊びが大きすぎて、力が上手く伝わらないので、硬く感じます。

よってサイズ選びに迷ったら柔らかく感じる方をオススメします。
(ただし、当たりすぎて困るとか、きつすぎて履いてられないというのは別です)

「実際は私は、5年前ぐらいまでは25センチのブーツを使っていました。
次の年に24センチを履いてみたら柔らかく感じました。
それは24センチの方が自分に合っているということです。
その代わりタイトになりますね。」


結論

ブーツはフレックス数値の割に柔らかく感じるものを使え

だから誰かからこのブーツいいよって勧められて素直にそれ買っちゃうって人はダメなんですよ。
自分で感じた感覚を大事にしてほしいのです。

私は特定のブーツをオススメすることはありません。

 

 

ぶっちゃけ何かしらメーカーとのつながりを持っている人って、
そのメーカーの商品オススメするしかないんですよ。

誰にでもこのメーカーいいよって宣伝している人いるんですよ。
私の身近にもいるんですけど、ちょっとキモイんですよ。

 

だって人によって足の形違うんだから合うメーカーも違うはずなんです。
それを誰にでもオススメするのは違うんです。

 

直接肌に接する靴下とかグローブならまだいいと思います。
誰に対しても特定のメーカーをオススメするのは。

でもブーツは違います。
必ずたくさんのブーツを履いてみて、自分にあったものを選んでください。

ポイントは、「えっ、意外とやわらかいじゃん」と感じるものですよ!

 

 

で、たぶんここが知りたいポイントだと思いますが、
タナベスポーツさんのHPにはこう書いてありました。

レジャースキーヤー:70~100

基礎スキーヤー(2~1級程度):100~130

レーサー:120~150

これが目安です。

あとは履きまくってください。

そしてこの数値の割に柔らかく感じたのが良いブーツです。
ちなみにレクザムに関しては10~20ぐらい硬いというのが一般的な意見です。

 

注意して欲しいのはレベルに対して硬すぎるとだめです。
ターンしずらいです。曲がらないです。

逆に柔らかすぎるのもだめですね。
力強い滑りが出来なくなってしまいますからね。

 

 

それでは間違えないよう気を付けてブーツ選びを行ってくださいね!!

 

関連記事↓
自分にあったスキーブーツの選び方を公開No.1(骨格との相性)

自分にあったスキーブーツの選び方を公開No.3(サイズ編)

スキーブーツをお探しの人はこちら

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓