スキーのヘルメットの寿命、買う時にこっそり注意すべき点

ヘルメットは着用していますか?

最近ヘルメットの着用率は毎年上がっているように感じます。

SIA(日本プロスキー教師協会)のある記事によると、日本ではヘルメット着用率10%程度のようです。
本当かどうかは?です。

ヨーロッパでは80%を超えているそうです。

 

ちなみにSIAでは、すべての雪上行事に「ヘルメット着用の義務化」がされています。
(会員は義務化、一般参加者には推奨)

 

ヘルメットをかぶるかぶらないの議論は置いといて、
ヘルメットの寿命と買い方について考えてみました。

 

 

img_20161201_145923
img_20161201_145942
2枚目の写真を見てください。

ヘルメットは経年劣化が起こります。

あなたのヘルメットの安全チェックをしてみましょう。

3~5年を目安に新しいものと交換をお勧めします。

と書いてあります。

調べてみても、3~5年ぐらいで交換したほうが良いというサイトが多いです。

素材自体の問題が大きいので、それ以上の期間は使わない方が良いのでしょう。

 

そして先ほどのチェック項目ですが、

□ヘルメットに凹凸やひび割れがありませんか?

□アウターシェルとライナー(衝撃緩衝材)に隙間がありませんか?

□アウターシェルやパーツが色あせしていませんか?

□ストラップ(あごひも)がほつれていませんか?

 

これらの項目に当てはまったら、すぐに新しいものにした方が良いです。

3年たっていなくても交換してください。

 

ヘルメットは一回強い衝撃を受けたらそれで効果は薄れます。

衝撃を受けてへっこんだりした場合は新調してください。

 

安い買い物ではありませんが、安全性を考えたら、
そのまま使い続けるのは良くないです。

 

新しく買いましょう!

ヘルメットの購入サイトへどうぞ!

 

買う時に注意して欲しいことが一つあります。

経年劣化が起こるものなので、ここを必ずチェックして欲しいのです。

 

製造がいつなのかってことです。

カスタムフェアなんかで、早期予約した場合は、その年に製造したもののはずなんでいいですが、
店頭で売っているものを買う時は、本当に今年のモデルなのか?って考えた方が良いです。

 

どうやって製造年を確認するのかっていうと、簡単です。

img_20161201_153046
このインナーパッドをビリってめくります。

取り外してください。

そうするとこんなシールが出てきます。

img_20161201_152752
見づらいですが、2枚シールが貼ってありますよね。

小さいほうには日付が書いてあるのです。

これには、”20150822”と書いてあります。

これが製造年月日だと思われます。

これはアルピナのGRAP2.0というモデルです。
軽くてシンプルなデザインでお勧めです。

 

わたしが以前使っていたジロのヘルメットもインナーめくったらシールが貼ってありました。

メーカー・モデルによっては、貼ってないかもしれませんが、
ここでチェックすることができます。

せっかく店頭でヘルメットを買うなら、ここはチェックしたほうが良いですよ。

もちろん店員さんに聞いても良いですし、効きづらければこっそりここをチェックしてみて下さい。

では!

 

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓