シュテムターンNo.1シュテムターンとは?

技術ネタ行きましょう。

シュテムターンについてです。

大事な大事なシュテムターンです。

シュテムターンとは、、、

これ調べてみましたが、はっきりとした定義が見つかりませんでした。
スキー大国オーストリアの資格を持っている友人に聞いたところ、今はシュテムターンと言う名前の滑り方はないとのこと。
日本でシュテムターンと言っているのは、ドイツ語だともっと長ったらしい名前らしいです。

なので私の理解しているシュテムターンを説明します。

 

シュテムターンとは、
次のターンに入るときに山側(谷側を開くときもある)のスキーをハの字に開きだし、その後外脚過重が強まってきたら、両スキーを平行(パラレルスタンス)にして滑る方法。

スピードが遅ければフォールライン後にパラレルに
早ければフォールライン上・フォールライン前にパラレルに
して滑ります。

 

文章で説明すると難しいですね。
一般的なシュテムターンでは、ターン前半にハの字(プルークスタンス)で後半は平行(パラレルスタンス)にして滑る方法です。

これならわかりやすいですか?

 

 

このシュテムターンですが、カービング時代になり、
なくなりかけた技術かもしれませんが、
まだまだなくならないと思います。

だってこのシュテムターンは安全に滑り降りることができるからです。難しい斜面で有効です。
そして非常に有効な練習方法なので、今後も必要な技術です。

 

シュテムターンと言ってもいろいろな滑り方があります。
まずは、↓の動画を見てください。

0:00~0:55ぐらいまでを見てください。
非常にていねいなお手本です。

これが意外と難しいんです。
かなり練習しないこの動画レベルのシュテムターンは難しいです。

 

ちなみに私の得意種目はシュテムターンです。
大回りより小回りよりシュテムが得意です。
練習しまくりましたので、上手くなりました。

 

目的は?

シュテムターンを行う目的とは?

・初級者がプルークからパラレルを習得する段階で必要
・外脚にしっかりと乗れるポジションの確認
・正しい外向傾の練習
・外スキーの捉えの練習

 

プルークボーゲンで滑れる人がパラレルターンをマスターするために、
シュテムターンを用いることがあります。

それ以外にも上記のような目的でシュテムターンを練習することは良くあります。
詳しくはそのうち書いていきますが、
この本では1章丸ごとシュテムターンについてです。

IMG_20160814_150623
 
 

いろんな目的で使えるのがシュテムターンです。

だから何に主眼を置くかで滑り方も変わってきます。
SIAでも最近、見本のシュテムターンの滑り方は変わりました。

細かいことは今後書いていきますが、
日本の中でもSAJとSIAでは滑りが違いますし、
外国のシュテムも違います。

 

なんのためのシュテムなのによって、滑り方は変わってきます。
これは文化の違いもあるんですかね。
宗教なんですかね?

 

検定のシュテムターン

検定では、求められている表現が出来ていないと、良い点数は出ません。
SIAでよい滑りと言われたのが、SAJではダメと言われることもあるかもしれません。

これは観点が違うのでしょうがないです。

基礎スキーというのは演技するスポーツなので、
観点が違えば点数ももちろん違います。

点数が出やすいシュテムターンなんかについても今後詳しく書いていこうと思います。

 

 

関連記事:スキーの検定とは?
検定って受けてます?スノダノブユキの検定日記
シュテムターンNo.1シュテムターンとは?
シュテムターンNo.3ふたつのシュテム

 

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓