深雪の滑り方を簡潔にざっくり説明する。深雪苦手な人向け。

深雪の滑り方

新雪と言ってもいいでしょう

パウダーともいうのでしょうか?

(パウダーっていう言葉は定義がよくわからないので私はあまり使いたくない言葉です。)

 

深雪って得意な人と苦手な人がハッキリと別れると思います。

正直言って私は得意ではないです。硬いバーンの方が好きです。

 

 

硬いバーン深雪の滑り方の違いとは?

今日はその辺をお伝えしようと思います。

 

 

アイスバーンと深雪

この二つの滑り方の違いは何なんでしょう。

 

違いとは、、、、、

アイスバーン:エッジを使う
深雪:滑走面を使う

超ざっくりですが、この違いを覚えておいてください。

 

 

 



この画像はスキーの科学という本から引用したものです。

 

左の〇となっている方はスキーの面に対して真上から力をかけています。
スキーをずらして雪を削る操作はしません。
雪を圧縮させるイメージです。

これが深雪の良い滑り方です。

 

それに対して×の方は雪を削る滑り方です。

硬いバーンではこのような滑り方が適しています。

雪は圧縮できないので、削るのです。もしくは彫るのです。

 

 

深雪が苦手な人はスキーの面で雪を押す・圧縮させるというイメージで滑ってみましょう。

そしてもう一つポイントです。

スキーの向きを変えるときはスキーが浮き上がっている時です。
雪の下にもぐっているときではありません。

必ず浮き上がっているときにスキーの向きを変えましょう。

押す→浮き上がる→押す→浮き上がる→・・・・・・と繰り返して滑ります。

浮き上がってスキーの向きが変わったら押す、また浮き上がってスキーの向きが変わったら押す
この繰り返しです。こんな感じで滑りましょう!!!

 

最近はファットスキーも珍しくなくなってきましたが、
ファットスキーに頼るだけでなく、自分の滑り方も向上させていきましょう。

 

先ほど使った画像はスキーの科という本から借りました。
この本は理論を知りたい人には面白い本です。
それ以外の普通の人にはあまりお勧めしません。

 

 

関連記事:スキーマニアには「スキーの科学 コブ・新雪・ポール 攻略編」をお勧めします

 

まとめ

①深雪はエッジではなく、滑走面を使う
①雪を圧縮させる
②スキーが浮き上がってきたときにスキーの向きを変える

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓