後傾って何?それって本当に後傾なの?

後傾の定義って何?

みなさんわかりますか?

・後ろに乗っている。
・ブーツの後ろに寄りかかっている。

こんなイメージですか?
でもハッキリと説明できますか?

 

おそらくできない人が多いと思います。

だって私も出来ないですもん。

だって調べても出てこないんです。

この本とか
 

この本とか
 

見ても載ってないんです。後傾の説明が、、、。

IMG_20160815_165923
なんででしょう?
よく使う、よく聞く言葉ですが、なぜか定義がハッキリしていない?

 

わからないと言ったら終わってしまうので、
私が勝手に定義してしまいました。

 

スノダノブユキが定義する後傾とは?

言葉にすると簡単です。

後傾とは、、、
「骨盤が後ろに傾いている状態」

 

この前出したこの記事にも使ったイラストを見てみましょう!
(関連記事:正しい姿勢は骨盤の前傾でわかる

46c9ccd51a72a3986b1b4994adebb889-e1393399399281
このイラストの真ん中の状態が適度な骨盤の前傾

右側の「骨盤後傾」と書いてある状態が後傾です。

 

要は後傾前傾というのは、この骨盤で判断しているのです。
(あくまでも私の定義です。)

 

説明が遅れてしまいましたが、後傾は悪い姿勢です。

後傾過多でも前傾過多でもダメです。

イラストの中央の適度な前傾が必要なのです。

この角度はターン中一定が望ましいです。

 

母指球に乗るか踵(かかと)に乗るか?

今定義した「後傾」によると、
母指球に体重が乗っていようが、かかとに乗っていようが、
適度な骨盤の前傾ができていれば、後傾ではないということになります。

本当にそれでいいと思いますか?

 

⇒本当にそれでいいんです!!!

 

かかとに乗るのと後傾かどうかは別の話です。

ただし母指球に乗るのと、かかとに乗るのでは、かかとに乗った方が後傾になりやすくなります。

かかとに乗るのは悪いことでもなんでもないです。

大事なのは適度な骨盤の前傾が取れているかどうかです。

適度の前傾がとれていて、脚の曲げ伸ばしの運動を行うと、
自然と母指球にも踵にも体重は乗ります。

 

 

母指球に乗るかどうか、かかとに乗るかどうかよりも大事なのは、
適度な骨盤の前傾が出来ているかどうかです。

スキーの基本姿勢はここが大事なのです。

正しい骨盤の前傾については↓の記事を参考にしてください。
関連記事:適度な骨盤の前傾が良いポジションにつながる
前だけでなく、後ろの筋肉も使いたい

 

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓