シェーレンなんて直さなくてよい。

1.シェーレンとは?

シェーレンって知ってますか?

ドイツ語なんですけど、スキーがV字に開くことです。英語で言えばシザースです。
プルークの逆ですね。トップが開いてしまうことです。

関連記事:スキー用語解説No.4「スタンス」プルーク・パラレル・シェーレン

プルーク・パラレル・シェーレン3つありますけど、基本的にはずっとパラレルで滑るのが良い滑りです。

 

今回はシェーレンについて考えてみましょう。

・なぜシェーレンが起こるのか?
・どうやってシェーレンを直すのか?

この2点について解説します。
(あとで述べますが、実質1点目を説明すれば解決します)

 

2.なぜシェーレンが起こるのか?

物事には原因があって結果があります。

(っというとアドラーの言っていることと反してしまいます。アドラー心理学では原因ではなく、目的を達成するために行動を起こしているという考えです。)
 

(いきなり話が脱線してスミマセン、スキーの話に戻ります)

スキーでは原因があって結果があるとしか考えられません。

ではなぜシェーレンになってしまうのでしょうか?

結論:外スキーに乗れていないから

これだけです。

外スキーにちゃんと乗れていれば解決です。

 

これだけだとあっけなさすぎるので、もっと詳しく説明しますね!

どうして外スキーと内スキーの向きが違うのか?
どっちが正解なのか?

これは簡単です。

外スキー:今の乗り方でスキーが進んでいく方向(スキーの気持)
内スキー:頭の中でイメージしている方向、進みたい方向(あなたの気持ち)

要するに、内スキーの方向にい進んでいきたいけど、外スキーに上手く乗れていないから外スキーが曲がってこないのです。

頭の中は内スキーの方向を目指しているけど、現実は乗れていないから外スキーは曲がってこない

 

理想と現実のギャップが大きいときにシェーレンは起こるのです。
理想通り乗れていれば、シェーレンにはなりません。

曲がりたいけど、乗れていない時はシェーレンになってしまうのです。

3.どうやってシェーレンを直すのか?

じゃあ、どうやってシェーレンを直すのかなんて簡単にわかりますよね!

外スキーに乗れていないからシェーレンになるのだから、外スキーに乗る練習をすればいいだけです。
これで解決
終了!!!

 

 

 

って雑すぎですね。。。
外スキーに乗れるようになれば、だんだんと内スキーと同じ向きになってきます。
内スキーの向きを外スキーに合わせるなんてことはしないでください。
そーしたらこけます。

直すのは外スキー・外脚の方ですので、お間違いなく!

結論:シェーレンを直そうとするのではなく、外脚にちゃんと乗れるようにすること

 

外スキーの乗り方は別の機会にします。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、無料レッスンのご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のレッスンのご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓