FISCHER(フィッシャー)のスキー、THE CURVシリーズの実力が凄すぎる

あなたは、FISCHER(フィッシャー)のスキーを使ったことがありますか?

私は使ったことがなく、試乗もほとんどしたことがありませんでした。

 

しかし2017年4月の試乗会で久しぶりにフィッシャーに乗って衝撃を受けました。

ビックリするほど良かったのです。「RC4 THE CURV」こんなすごいスキーは初めてです。

良すぎたので買いました!

 

フィッシャーのスキー、THE CURVの良さは何?

「RC4 THE CURV」というシリーズなんでけど、これが超オススメです。

公式HPでわかることも説明しますが、まずは私が感じたオススメポイントをご紹介します。

何が良いかと言うと、
  • 捉えが良い
  • 弧の大きさを調整しやすい
  • ターン後半に回し込みやすい
  • 抜けが良く走りをアピールしやすい
  • グリップが良いため、アイスバーンでも落とされない
  • ザクザク雪でも意外と操作性が良い
  • 圧雪バーンでのカービングマシンとして開発されたが、ずらしても操作性が良い
これが私の感想です↑。正直鬼推しです。



RC4 THE CURVシリーズは3人のワールドカップレーサーが開発に携わった、レーシングスピリットが込められたエキスパートモデルです。

基礎用の最高峰のスキーです。

 

このRC4 THE CURVの一番の特長はトリプルラディウスです。

トップとレールはSLサイドカット、センターはGSサイドカットを採用。スキーを方向づける重要なターン導入時の容易さ、中盤での安定性、そしてターン後半での加速時まで、ターン全域に渡りコントロール性能とパワー伝達を強化。

(↑HPより引用)

滑ると、この文章は納得できます。

ターン導入の容易さ、中盤での安定が良いです。後半の抜けもいいです。
ここでは 「ターン後半の加速時」と書いてありますが、ターン後半は減速する部分なので、これは感覚としては加速しても実施は減速しているので、本当は嘘です。

 

このトリプルラディウスっていうのは、いいですよ。なんか他のメーカーのスキーと違うんですよ。

捉えがめちゃくちゃ良くてターンに入りいやすいのに、意外と落差を取ったターンが出来る。かと思ったら、ターン後半はビュッと体の真下に戻ってきて走りを引き出しやすい。

面白いスキーですよ。私が今まで乗ってきたスキーの中で一番オススメできます。

 

RC4 THE CURVは2年の開発期間を経て2017年にデビュー
3人のアルペンレーサーが開発に加わったそうです。

2017年は

  • CURV BOOSTER
  • DTX
  • TI
の3機種がラインナップ

CURV BOOSTERが一番張りがありスピードに強いモデル。
TIが一番扱いやすいモデルとなっています。

 

2018年は、GTというモデルが加わり全4機種あります。

GTはグランツーリスモのGTです。
幅が広いため、圧雪されたバーンだけでなく、荒れたバーンでも使いやすそうです。
幅広の割に、トーションが強いためか、ねじれを感じさせない仕上がりになっています。

 

詳しくは試乗スキーのレポートを読んでください。
2018年モデル、ニュースキー試乗レポート

 

とにかくこのスキーはターンの前半、中盤、後半すべてが良いです。

だいたいのスキーって、前半は良いけど後半はいまいち、とか後半は良いけど前半はいまいちってのが多いです。
でもTHE CURVはターン局面すべてでいいです。

この文章を読んでいるあなたにも、このスキーを試してもらいたいです。


 

黄色い滑走面について

滑走面を見るとキレイ(?)カラーで有名なフィッシャーのスキー。

そう黄色いんです。黒じゃないんですよ。これどうなんでしょうか?



わかりにくいですが、左がワックス後のキレイな方、右がワックス前の汚い方
ちょととわかりにくいですが、実物見ると結構違います。

遠くから見ても、ストラクチャーの跡がクッキリなんです。。

 

黄色いソールの良くない(?)ところ
  • ゲレンデでしたから見ると黄色が目立つ
  • 汚れが目立つ
目立つのは良いことでもある気がするけど、基礎スキーにおいては良いとは言い難い。。。

黄色いソールの良いところ
  • 下からみる人に対して、ソールだけでなく、表面も見せるように努力しようとする
  • 手入れしたくなる
  • 汚れがわかりやすい
良くないことの逆ですね。短所の反対は長所みたいなやつです。

 

このスキーを持っている人にしかわからないかもしれないんですが、ソールが汚いときれいにしたくなるんですよ。(私だけか?)
つまり黒いスキーよりもワックスしたくなる。そして丁寧にブラッシングしたくなる。

汚れているのがわかりやすいがゆえに、きれいにしたくなるんです。

汚れがわかりやすいって良いことでもあり、悪いことでもあります。

 

ワックスして、スクレーピングしてブラッシングすると、結構ピカピカになります。
これ快感です。

って言っても、ブラッシングだけでもかなりきれいになります。
いかにブラッシングが大事かがわかりますね。

 

春雪を滑ると一日で黒くなるんで、ブラッシングして復活です。

予想ですが、このスキー乗っていると、ちゃんと手入れしたくなるので、滑るスキーを作りやすくなると思います。(予想ですよ)

 

 

THE CURVはこういう人にオススメ

わたしはTIは乗ったことがないのですが、THE CURVシリーズを買うような人ならば、あまり柔らかいスキーは好まないと思うんです。

だからGT、DTX CURV BOOSTERのどれかがいいのでは、って思います。

正直BOOSTERは硬いので、扱いやすいかって言われると難しいと思います。いろいろな状況で滑る一般スキーヤーにはDTXをお勧めします。
硬いバーンで滑ることばっかりだよって人にはBOOSTERでもいいと思いますが、柔らかい雪では扱いにくいです。

対象レベルとしてはだいたいこのぐらいでしょう。

CURV BOOSTER⇒クラウンを目指す人

DTX⇒テクニカルを目指す人

GT⇒1級以上で、整地以外で悪説もパウダーもどこでもこれ1本で滑りたいって人

 

どれも基本的にグリップが良いスキーなのでアイスバーンには強いです。

 

オールラウンドに使うのであれば、171cmが良いです。
トリプルラディウスのおかげで弧の調整がしやすいです。

また、テク・クラ使い分けるのであれば164cmと178cm(185cm)の2台あると最強です。でも171cm一台で十分でしょう。

 

かたーいスキーなので、春のザクザクの雪とかコブには向いていないです。でも結構滑れちゃいます。っていうか滑れました。
そかし基本的には硬めの雪質に適したスキーです。

あと今の時代の流れとは違い、重いスキーです。とにかくずっしり、履いた感じも滑った感じもどっしりしています。それが安定感につながるんです。
だから軽いスキーが良いって人は乗らないでください。絶対に!

 

整地ガンガン滑りたいって人にはすごくいいスキーですので、検討してみて下さい。超オススメのスキーです。

関連記事:2017-2018年モデル、スノダノブユキのニュースキー試乗レポート


 

後日追記ー使い方に注意

私はTHE CURV CURV BOOSTERというトップ機種を使用しています。

これはかなり硬いです。硬すぎて使いづらいと感じることがあります。

柔らかい圧雪バーンは意外と使いずづらいですよ。
でも硬い圧雪バーン、アイスバーンなんかで使うと最高です。

ハードバーン専用機と思っておいた方が良いかもしれません。

 

腕に自信ない人は、CURV BOOSTERはオススメしません。

DTXの方が良いです。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓