スキー板のフレックスとトーション No.2GSとSLの違いからスキーの選び方を考える

フレックス トーション

前回の記事はこちらです。

前回は、スキーのフレックス(たわみに対する強さ)とトーション(ねじれに対する強さ)について書きました。

これね⇒スキー板のフレックスとトーション No.1バランスが大事

 

第2回目の今回は、GSとSLのスキーの違いについてざっと書いてみます!!
GSとSLの違いですけど、それ以外のスキーの選び方の参考にもなりますので、最後まで読んでみて下さい!

 

GSとSLの特長

まずスキーの特長から。。。ざっくり書きますよ。
長さ
GS 長い 狭い
SL 短い 広い
GSとSLではこんな違いがあります。

長くて狭いGSと短くて広いSL

 

まずはフレックスついて

どっちが柔らかいスキーかと言うと、GSです。

スピード域が高いですが、GSの方が柔らかいんですよ。

これは触ってみればわかります。全然違いますよ。

 

長いからっていうのもありますが、GSは触ると簡単にスキーがたわみます。
でもSLのスキーは結構力入れないとたわまないんですよ。

つまり、、、
GS⇒フレックス柔らかめ
SL⇒フレックス固め

になります。

GSは長くて、フレックスが硬すぎないので、たわみを引き出しやすいのです。
たわみを引き出せるとどうなるかと言うと、ターン弧を小さくできるってことなんです。

詳しくはこの記事をご覧ください。

 

 

次にトーションついて

これは触ってもわかりにくいです。わからないです。

でも幅が広いとスキーってねじれやすくなるじゃないですか。

第1回の記事でも書きましたが、ファットスキーで整地滑るとわかりやすいです。
スキーがねじれてしまうんです。

ねじれると、スキーのトップ部分の傾きの角度とテールの部分の角度が異なるのです。
こうなると力が逃げてずれやすくなります。

レーシングのスキーであれば当然ずれにくい方がいいですよね。
だからトーションは強くする必要があります。

GSもSLも両方ともトーションは強いですが幅の広いSLのスキーの方が、トーションは強めに作ってあると思います。

 

ここからも大事。

それから、この二つのスキー(GSとSL)の違いとして、反応(レスポンス)の速さがあります。

反応と書くとちょっとイメージしにくいかもしれないので、ちょっと説明の仕方を変えてみますね。

スキーのたわみを戻すスピード」。。。これも反応の速さとほとんど同じ意味です。

これもスキーを手でたわませてみればわかります。
スキーを床につけてトップを手で持ち、もう片方の手でセンター付近を押します。10センチぐらいたわませてみて下さい。

そこから一気に手の力を抜いてみるのです。

そうすると、スキーはたわみを戻そうとしますよね。
この戻りのスピードです。

このスピードがGSとSLのスキーでは結構違うんです。

たわみを戻すスピード
GS⇒ゆっくり
SL⇒速い

SLの方が弧が小さく、すぐに次のターンに入らなければいけないので、反応は早いです。つまりたわみの戻るスピードが速いんです。

 

このスピードが速いと処理するのが難しいんですよ。
これに失敗すると、「反発を食らう」って言ったりします。

競技用のスキーじゃなくてもそうです。

手で触ってみれば、反発を食らいやすいスキーなのか、食らいにくいスキーなのかがだいたいわかるんです。

 

スキーを選ぶとき、スキーをたわませてみれば反発の強さがわかります。反発が強いのが良い、弱いのが良いって希望があれば触ってみてスキーを選んでみて下さいね!

 

以上で終わりにします。

スキー選びの参考にしてみて下さい。

反発が強いSLのは、弱いのはGSですよ!

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓

フレックス トーション