ノルディカ DOBERMANN SLR RB EVOレビュー

スキー板のレビューです。

ノルディカのドーベルマンSLR 165cmです。
121-70-106 R=12.5

スラロームの準競技用、セカンドモデルです。

 

まず最初に、この手のスキーを買おうとしていう人に注意してもらいたいのは、
セカンドモデルであろうがSLスキーは手ごわい

ってことです。

扱いやすいかと言われたら扱いにくいです。

難しいスキーです。

 

SAJ1級ぐらいの人が小回りが苦手だからSLのスキー買おうっていうのは間違いです。
逆にR18、170cmぐらいのスキーの方が扱いやすくておすすめです。

他のメーカーもそうですが、SLのセカンドモデルはトーションが強いので、ずらして回し込もうとしても結構まっすぐ進んでしまいます。
だからRの割には曲がりいにくいです。

オガサカの小回り用スキーやアトミックのデモ用小回りのスキーとは違います。基礎スキー小回り用はずらしやすいです。

 

 

それを踏まえてこのノルディカのSLRについての感想です。

 

1.捉えが良い
2.ポジションが前すぎるとトップが食い込み過ぎてつまる
3.曲がりすぎない
4.ターン弧のコントロールがしやすい
5.硬いバーンでも安心して滑れる
6.かえりが強い


 

こんな感じです。

捉えは非常に良いスキーだと思います。
アイスバーンでもきちんとエッジがかかってくれます。

ステルステックの効果も発揮されていると思っています。
関連記事:大注目「ステルステック」が気になったので使ってみたらすごく良かった

捉えが良いため、谷回りで前よりのポジションになりすぎるとつまってしまいます。
トップがたわみ過ぎてしまうことがあります。

前にバランスを崩してしまうのです。
このスキーは後ろよりのポジションで滑ると性能が発揮されやすいです。

 

触ってみるとわかりますが、ガチガチに硬いスキーではありません。
しかし乗った感じは柔らかさは感じず、張りの強いスキーに感じます。

アイスバーンでも安定感抜群です。

そして曲がりすぎないです。しっかりとたわませないと、ターン弧は小さくならないです。
逆に言うと、ターン弧をコントロールしやすいといえるかもしれません。

返りが強いため、反発の処理が少し難しく感じます。しかし上手く乗れればスキーの走りを引き出しやすいでしょう。
ジワッと圧をかけていくよりも、スパッと瞬間的なエッジングの方が良い反応をしてくれます。

 

対象レベルとしては、テクニカル取得程度以上です。

1級を目指しているぐらいの人はスピッドファイアーの方がいいです。

 

この文章を読んでSLRが気になった人は↓下のボタンをクリック!

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓