スキーのR(Radius)ラディウスとは?⇒半径です。

スキーの板を購入するときに、いくつかの数字が出てきます。

①長さ
②スリーサイズ
③R(ラディウス)

この3つのサイズがスキー売り場に出ているはずです。

①の長さはわかりやすいですよね。
スキーの長さです。

150cmとか160cmとかって書いてあります。

 

②のスリーサイズは以前の記事で紹介したのでそれを見てください。

トップ・センター・テールの3つのサイズです。

関連記事:私のスリーサイズは公開しませんが、スキーのスリーサイズ公開します。

 

③のR(ラディウス)について今日は紹介したいと思います。

ラディウスって英語では「radius」と書きます。

 

直訳すると「半径」です。
では、半径とは?

 

スキーって正面から見て、まっすぐな一直線ではなく、カーブしていますよね。

トップが幅広で、センターに近づくにれて細くなってまたテールに向けて太くなっていきます。

用は曲線になっているのです。
この曲線をずーーーっと伸ばして描いていくと円になりますよね!
巨大な円に!

この円の半径はスキー板を買う時に、参考にすべき数値なんです。

 

この図を見るとわかりやすいので、見て下さい。

%e3%83%a9%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a6%e3%82%b9
これでわかりましたね。

このスキーの半径って、ちょっとだけ重要なんです。

”曲がりやすさ”を示す数値の目安なんです。

 

簡単に(単純に)言うと、Rが小さければ曲がりやすい、Rが大きければ曲がりにくいスキーということになります。

もちろん曲がりやすさはこのRだけで決まるわけではありません。

硬さとか長さのバランスで曲がりやすいスキーなのか、曲がりにくいスキーなのかが決まります。

ただしR(ラディウス)が小さければ曲がりやすいのは確かです。

 

この半径を示すRは小さいと10mぐらいです。大きいと30mを超えるものもあります。

 

では、スキー用途別にRの一般的なサイズをお伝えしますね。

デモ用スキーオールラウンド:約15m
小回り用:約12m
大回り用:約20~35m
初・中級者向け:10m前半

だいたいこのような数値になっています。

 

このように用途によってスキーのRはだいたい決まってきます。

 

ってことは、、、、、、スキーを選ぶときに、Rから決めていくのは間違っています。

レベルや用途で選ぶと、候補に挙がるスキーはだいたい同じようなR(半径)のはずです。

小回り用でR20mのスキーなんてないのです。

小回り用のスキーを探したらだいたいみんなR12mぐらいなんです。

 

だからR12mのスキーを探そう!っていうのはおかしいのです。

 

 

 

でも同じ用途で探していて、
例えば、A社のスキーはR13mだった、B社のスキーはR12mだったとします。
そしたら、Rが小さいB社の方が曲がりやすいか?と言ったら、そうとは言い切れません。
A社の方が曲がりやすいかもしれません。

先ほど言ったように、曲がりやすさはRだけで決まるものではないのです。
硬いスキーは曲がりにくいです。柔らかいスキーは曲がりやすいです。

 

⇒だからスキーを選ぶときにRで決めてはいけない。
 多少参考にしてもいいけど、あんまり気にしなくていいですよ!

 

スキーはレベル・用途で選びましょう!

 

関連記事:私のスリーサイズは公開しませんが、スキーのスリーサイズ公開します。

 

Rがどれくらいなのか見てみたいって人は、このサイトを除くとわかります。
スキーコーナーに行くと、オールラウンド・レーシング・ジュニア・初級者向けと別れています。

この先に進んで各商品ページに進むと、長さ・3サイズ・Rが書いてあります。

だいたいさっきの例で出した、Rサイズになっているはずです。

この画像はタナベスポーツさんのところから持ってきました。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓