履いてみてわかったレクザム(REXXAM)Powe-REXの良さ

こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。

私はブーツはいろいろなメーカーのものを試しているんですけど、レクザムは一番オススメ出来るブーツですね!レクザムの良さをご紹介します!

 

1.履いてみてわかったレクザムの良さ

私が履いているレクザム(REXXAM)のパワーレックス(Power-REX)

ラスト95mmの一番タイトなモデルである、Powe-REX-S130を使っています。
レクザム純正のフォーイングしてます。

このブーツいいです。具合いいです。今まで使ったブーツの中でも一番良かったですね。(あくまでも私個人の感想です。)
ブーツなんて(スキー板もそうですが)人によって感じ方は大きく変わる部分です。まずは私の感じたことを聞いてください。

私の足

まず、私の足の特長からですが、、、
  • 特別変な形はしていない
  • 全体的に細み
  • かかとが小さい
ということで、あたりには悩まない方です。

一番気になっているのは、かかとのホールドなんです。かかとが小さいため緩いってことがよくあります。
この記事で足を公開していますので、見たい人だけ見てください。キレイな足だと思いますよ(笑)
自分にあったスキーブーツの選び方を公開No.1(骨格との相性)

フォーミング

私ブーツを選ぶときに、かかとのホールドは必ず気にしています。

 

で、、、レクザムはどうかって言うと、、、、、
パワーレックスSシリーズはラスト95ミリですが、95にしては緩いかなと思います。

なので、フォーミングにしました。フォーミングは良いですよ!!
かかとにどんどん液体が注入されていく感じがたまらないです。

あまり聞かないレクザムの良さがここにあるのです。
フォーミングが他社よりも気軽にできる。

フォーミングだからと言って極端に値段が上がることはないのです。プラス1万でフォーミングインナーが作れるのです。

これはかなりお買い得です。シダスのフォーミングしたら5万ぐらいかかっちゃうんじゃないかな!?

 

ってことで、どこかのホールドがあまいって人にはレクザムのフォーミングはオススメできます。これで最高のフィット感を得ることができます。ホントに最高です。これはいたら他のブーツ履きたくなくなるんですよ!

フォーミングインナーはへたりにくいので、長く使えます。

 

シェル

話が完全にフォーミングにそれてしまいましたが、、他のところはどうなんでしょうか?

シェルに関しては、海外メーカーよりもコンパクトな作りです。日本人は膝下が短いからのようです。日本の会社なので、当然日本人にあったブーツを作っていますよ。

この写真を見てください。



右脚を正面から見たものです。

アウトサイド(小指側)が低く、インサイド(親指側)が高くなっています。
これにより、インサイドはしっかりと外力に耐えつつも、難しいアウトサイドへの傾きが出しやすくなっているのです。

つまり内脚の操作がしやすいのです。

とにかく、このブーツは脚の動きを出しやすいのです。
関節の動きにちゃんと反応してくれる感じ。それはこのブーツの程よい高さが関係しているように感じます。

前にも後ろにも左にも右にも動きやすいんです。だからなんでもできちゃいます。

 

デザイン

デザインですべての人に定評のある某日本のスキーメーカーO社と違い、このレクザムはいいんですよ!(失礼すぎるなっ)



意外とカッコイイ!これがレクザムです。

スキーヤーって日本メーカー毛嫌いする人多いような気がするんですけど、レクザムだけはいいと思います。

 

2.レクザム社はどう考えているのか?

続いて、レクザム社HPより商品の説明をします。

私が使っているPower-REXについて

性能至上主義で常に最新のスキーテクニックに対応 する最新のスキーブーツ性能を追求する REXXAM。
特にフラッグシップである PowerREX は、ダイレクトなレスポンスと鋭敏なコントロール性能を追求するPowerREX専用のアッパーシェルを新設計。技術上達志向が強い競技・基礎系のスキーヤーのためのモデルとして、その性能のさらなるブラッシュアップを実現しました。

このモデルは上達思考が強い競技・基礎系のスキーヤー向けです。

HPよりレクザムの主要コンセプトをお伝えします。

まずは一つ目。



ターンのどの局面でもセンターポジションを取りやすい設計。
センターポジションっていうのは、簡単に言うと、一番効率よくスキーに力を伝えられるポジションってことです。

前方・後方ともにバランスを維持しやすいのです。

 

続いて二つ目。



一番力が効率よく伝わるパワーラインがスキーブーツの中心に限りなく近い。そのため、エッジの切りかえが楽に素早くできるのです。

 

レクザムブーツの主なポイントを二つ紹介しました。詳しくは公式ページをご覧ください。

 

3.まとめ

上で紹介した二つのコンセプト
これは私も使っていて感じます。前後のバランスのとりやすさ、エッジに切りかえのしやすさ

前半に書きましたが、とにかくレクザムのブーツは使いやすいです。操作がしやすいのです。脚の動きに敏感に反応してくれるのが、レクザムの良さではないでしょうか!

 

違和感なくスキー操作ができるようになります。

 

この文章でレクザムが気になったあなた、とにかく試し履きはしてくださいね。

ブーツを買う時は履いてから決めましょう。

関連記事:自分にあったスキーブーツの選び方を公開No.1(骨格との相性)


 

追記

2017-2018モデルを履いてみました。(私が使っている上にある写真のは2015-2016モデルです。)

インナーがかなり改良されています。かかとのフィット感が超向上しました。

私が購入した2016モデルはかかとが他社より緩かったので、フォーミングにしたのです。しかし2018モデルではかなりフィット感が向上していました。この違いは大きいです。今後もレクザムには注目です。

関連記事:2017-2018モデル、各メーカーのスキーブーツを履きまくって比べてみたよ。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓