春スキーにはこんな(スキー?)グローブを使うのがベスト

春スキーって暑いですよね!

あなたは春でもスキーしますか?
一般的には4月上旬ぐらいまでが通常のスキーシーズンです。

それ以降は春スキーです。
スキー場によっては、もっと早くからリフト券が春スキー料金になったりしますが。。。

 

 

日本には、4月も5月も6月もスキーをする人がいるんですよ。
スキーしてるのに、暑いんです。バカですよね、寒い時にするスポーツなのに、暑いなかでやるって。。。

これを読んでいるあなたももしかしたら、暑いなかでスキーしたことあるかもしれませんね、きっと。

 

さて、今回は春スキーシーズンで使う「グローブ」についての記事です。最後までご覧ください。

春は暑いので、冬に使っているグローブでは汗だくになるかもしれません。
だから薄いグローブが良いです。

 

その前に、革のグローブは使わない方がいいです。
濡れてゴワゴワになってしまうかもしれないので、革のグローブは辞めましょう。
関連記事:あまり知られていない?革製スキーグローブの良さって実はこの3つなんです。

 

 

 

ではどういうグローブが良いかというと、、、

 

簡単に言うと、薄いグローブです。
薄いグローブって言っても、スキー用のってなかなかないんですよ。

だから私がオススメするのは、山用のグローブです。

例えば今私が使っているのは、これです。



PAINE ゴアテックスオールウェザーグローブってやつです。
5000円台で買ったような記憶がありますが、今見たらもっとしました。

でも革のグローブ買うよりはうんと安いです。

ゴアテックスなので、防水もちゃんとしていると、通気性も冬用のスキーグローブよりいいです。
薄いためグリップも握りやすいので、もしかしたら滑りにも良い影響が出るかもしれません。

 

このグローブのよいところは、

  • 防水性が良い
  • 通気性も良い
  • そこそこのフィット感
こんなところです。

悪いところは特に感じないです。
ホントに不満なところはないですね。

 

暑いスキーグローブ使うなら登山用の薄手のグローブが絶対にいいです。

 

※春用グローブを選ぶときの注意

防水機能のあるもの

以上です。

すぐに濡れるのは止めましょう。春スキーはザラメ雪なので濡れやすいです。ある程度の防水性は必須です。

 

トーバートのこのグローブもありますが、私が紹介したパイネのグローブの方が防水性は良いでしょう。
春スキーは濡れやすいので、防水性も気にした方がいいですよ!

 

もしかしたらワークマンでも使えるグローブがあるかもしれません。

このグローブはウインタースポーツにも使えると書いてあります。
私は実物を見たことないので、なんとも言えませんが、ワークマンは意外と安くて良い商品があるので、使えます。

関連記事:使えるスキー用品を安く買いたいならワークマンを活用すべし

 

スキー用品を選ぶコツは、何でもかんでもスキー用を買わないこと」です。

薄手のグローブに関しては、スキー用って少ないので、登山用のがいいですよ!!!

 

 

 

追記:

ここまで読んでくれたあなたに、もっと良いかもしれない情報を付け加えます。

ホームセンターに売っている作業用の手袋ならば1000円も出せば高級品が使えます。
春スキーの中でも暑い時期にはこんな手袋が良いかもしれません。

私は使ってことないのですが、これで十分だと思います。

こちらをご覧ください。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓