スキーグローブって自分で修復するもの?

破れスキーグローブって自分で修復するもの?

ってタイトル書きましたが、私は自分で修復するものだと思っています。
事実修復しています。

私のように毎日滑っていると、グローブやウェアのすそが破れてきます。
だから自分で直すこと、よくあります。

 


わたしは何度もやったことあるので慣れているのでしょうか?

わりとすぐにできました。

このツイートの写真、左がビフォー、右がアフターです。
アップでわかりにくいですが、右手ですよ!

 

よーく見ると、人差し指と中指のペロッてめくれている部分が直っています。
これ意外と簡単ですよ。

一度縫っただけでは、すぐに破れてくるので、2重3重にやると持ちます。

みなさんも試して見ると良いです。見た目ほど難しくないです。

 

これでグローブの寿命長くなります。

貧乏くさいかもしれませんが、まだまだ使えるんです。

 

 

スキーグローブってだいたい人差し指、親指が破れてきます。

スキー用グローブではではこの部分だけ厚くなっているグローブもあります。

 

しかしそこ以外の部分は全然問題なく使えるのです。

だからなんかもったいないですよね!

 

 

直して使えるならば直したいんです。

 

裁縫できる人ならば簡単ですから。ぜひやってみて下さいね!

 

裁縫道具は1000円ぐらい出せば立派なものありますので、見てみて下さい。
私も欲しくなってしまいました。これにお金出しても、グローブの寿命伸びれば安い買い物です。

私は、リフト券入れを自作したりしてて、結構細かい作業が好きなようです。
スキーヤーとしてこういう裁縫技術もあると良いです。

ただこれ出来てもスキーは上手くなれませんが、、、、、、、、、、

関連記事:リフト券ホルダー(パスケース)を自作したらこうなった。

 

 

2回補修しても破れたらもう寿命ですね。諦めて新しいものを買いましょう!

こちらで探してみて下さい。

注意:安いグローブはすぐに破れやすいです。革のグローブは高いですが、長持ちします。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓