手が冷える人にオススメ、スキー場で使える最強のグローブはこれだ!

グローブ

「手」って冷えませんか?手先の冷えつらくないですか?

私も冷えることあります。一度冷えるとなかなか温まらないですよね。

でも冷えたときでも安心、あったまるグローブがあるんですよ!知ってました?




本題に入る前にちょっと、、、手が冷えないようにするための対策についてざっと説明します。

理論的に正しいのかわかりませんが、私の経験をもとに説明します。

手が冷えないようにするには、下半身の保温が大事です。

脚です。

 

脚を暖かくしていれば、手が冷えにくくなります。だから脚元は暖かいものを履きましょう。
ダウンのズボンがあるので、これ非常にオススメします。私も毎日愛用しているものです。

関連記事:寒さの味方、フェニックスのダウンパンツが最強




では本題に戻ります。

最強グローブは、、、これです。


今年の冬は手がかじかむとは言わせない、最強防寒手袋極暖

ヒーター付きなんです。だから冷えた手を温めてくれます。

私の知り合いにも使っている人いて、絶賛でした。あったかさは最強です。

 

この電熱ヒーター付きグローブの良さ
  • 防水機能あり
  • 手首から雪・冷気が入らない
  • 水洗い可能
  • 高いグリップ性
  • 繰り返し充電が可能な小型バッテリー搭載
 

当たり前なんですが、防水です。そして手首の部分が長く広いので雪・冷気が進入しにくいんです。

あと水洗い可能っていうのもポイント高いです。洗えないグローブも多いですからね。

グリップ性も何気に重要なんです。スキーの持ち運びが楽です。グリップないと滑って移動が大変なんですよ!

関連記事:あまり知られていない?革製スキーグローブの良さって実はこの3つなんです。

 

バッテリーに関してですが、

リチウム電池です。

3~4時間でフル充電ができ、使用時間は低温時で4時間です。

低温・中温・高温と3段階あり、低温で4時間なので短いですね。

これだと冷えたときだけ、オンにしないと一日持たないです。

電源ボタン一つで低温・中温・高温・オフを操作します。色で現在の状況がわかるようになっています。

 

ただし、電源入れて1分で暖かくなり、5分でポッカポカらしいです。速攻性があるんですね!

 

 

このグローブを使用している人によると、低温か中温で十分ということを聞きました。
高温だと厚くなりすぎるようです。だから普段は低温でいいのかもしれません。

そして温まったらオフにするのが良いと思います。

 

バッテリーの持ちには気を付けないといけないですよね。夕方寒くなってきたときに、電池切れってなったら悲惨です。

気を付けましょう。

 

 

今回はヒーター付きグローブについて書きました。以前はヒーター付きベストっていうの紹介しました。

関連記事:寒がりなあなた必見!体ポカポカになるミズノの「サーモブリッドベスト」

 

極寒の地で一度冷えた体って自分の熱で温めるのって難しいじゃないですか!?
でもこうやって電熱を利用すれば、復活できます。

ただし、、、最初の方にも書きましたが、体が冷えたときは手だけあっためても寒いですからね。下半身とかヒーターベストを着るのが良いです。
その上で手の対策をしないと効果はかなり薄いと思います。

 

では極寒でもスキーを楽しみましょう。

ヒーター付きグローブ興味ある人はこちら

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓

グローブ