スキーブーツを履いていると、本当に足は小さくなるのか?

小さくなってます!!!
確実に小さくなってます!!

足っていうのは足首から先のことです。

関連記事:「足」と「脚」の違いって知ってますか?

 

これは実体験です。
ここ2年ほどは小さくなっているようには感じないのですが、

5年前と比べると確実に小さくなっています。

小さくというよりは、細くなっているの方が正しいです。

長さでいうとほぼ変わっていないと思います。

 

わたしは現在実測で249mmほどです。
この長さは変わってないのです。

5年ほど前までは、スキーブーツは25cmを使っていました。
しかし2012年シーズンから24cmを使っています。

今25cmを履いたら大きすぎて怖いです。

 

現実に足は細くなっているのです。

 

私だけ?

ではないようです。
他の人に聞いたら、小さくなるよっていう人もいました。

そしてネット上でもそういう話題を見たことがあります。

スキーブーツを履いていると足は小さくなるのです。

 

原因は謎です。

脂肪がなくなったっていうことを聞いたこともありますし、
筋肉の量が減ったっていうのも聞いたことあります。

それか形が変わってブーツに収まりやすくなった可能性も考えられます。

本当の原因は何なんでしょう?

ブーツチューンの店の人ならわかると思いますが、
聞いたことないです。
知っているひとは教えてください!!

 

小さくなるメリット・デメリット

メリット

足が細くなると、小さくなると
タイトなブーツが履けるようになります。

これ上級者にはメリットですよね。

上級者ほど足・脚の動きは敏感です。
その敏感な動きにブーツは反応してくれないといけません。

だから上級者はタイトなブーツを履きたがります。

本当にスキーが上手くなりたいなら、スキーよりもブーツが大事です。

足が小さくなると、、、
足が痛くならないで、タイトなブーツが履けるようになるのです。

 

デメリット

これはメリットとほとんど同じですが、
小さくなりすぎると、
タイトなブーツでも大きく感じるようになってしまいます。

以前生足を公開しましたが、
(関連記事:自分に合ったスキーブーツの選び方を公開No.1
私はかかとが小さいのが、悩みなんです。

正直今あるどんなタイトなブーツでもかかとは緩いです。

かかとのフィット感っていうのは、
スキー操作において大事な部分なので、ここが緩いのはイタイです。

 

まとめ

スキーブーツを選ぶのは本当に難しいです。
わたしは足の形がいい方だと思うので、悩みは少ないです。

当たって痛いという人は非常に多いですので、
自分にあった形、サイズを正しく選んでみてください。

 

そして将来足が小さくなるからっていうのは、考えないでください。
いつ小さくなるかはわかりません。

小さくなったら、小さいサイズを購入しましょう!

 

スキーブーツのサイズの選び方に関しては、一番人気のこの記事をご覧下さい。

関連記事:自分にあったスキーブーツの選び方を公開No.3(サイズ編)
追記:
わたしよりスキーが上手い(と思う)スキー仲間に
足が小さくなる話をしたら、「(小さく)ならない」「老化でしょ!」と言われました。
その人はまだ20代です。
人によっては小さくならないそうです。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、無料レッスンのご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のレッスンのご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓