これだけは絶対に知っておきたい、スキーニューモデル試乗会での注意点

3月・4月はスキーニューモデル試乗会が各地で行われますが、注意して欲しいことがあります。

一つだけなので、聞いてください。

 

これを知らないと、これを考慮しないと、せっかく試乗したのに思ったのと違ったって後悔してしまいます。

 

後悔しないために絶対に知っておくべきこと、それは、、、

試乗時のバーン、雪質を考慮することです。

 

これだけです。

試乗したバーンは、急斜面なのか中斜面なのか緩斜面なのか
雪質は粉雪なのかアイスバーンなのか湿雪なのか

 

これを考慮してスキーを評価することが大事です。

 

この記事で書きましたが、スキーって機種によって、性能を発揮する場面が違います。

 

  • 競技スキーならば、アイスバーン
  • デモ用スキーならば、圧雪されたキレイなバーン
  • ファットスキーならば、深雪
って感じで、性能を発揮する状況はスキーによって異なるのです。

 

だから試乗したときの状況を忘れないようにしてください。

 

 

例えば、、
①普段柔らかい雪とか湿雪で滑ることがほとんどなのに、試乗会の時だけたまたまアイスバーンだったとしたら、、、、、

硬いスキーが良い評価となるでしょう。柔らかいスキーは弱くて物足りなさを感じてしまうでしょう。

硬いスキーが気に入って買ってしまい、来シーズンがスタートしました。

そしたら、、、

おれっ???去年試乗したのと違うぞ。。。

試乗したときは、もっと使いやすかったのに、なんか使いにくい

ってことになってしまうのです。

 

 

硬い雪で試乗したら、硬いスキーが乗りやすくなります。

柔らかい雪で試乗したら、柔らかめのスキーが乗りやすいです。
例えば、、、
②普段は急斜面はあまり滑らないのに、試乗会の時は急斜面しか滑っていないとしたら、、、

難しくて扱えなかったスキーが、来シーズン履いてみたら意外と使いやすかった。

ってこともあり得ます。。

 

 

このように、雪質が違ったり、バーンが違うと感じ方が異なるのです。

これは絶対に知っておいてください。

 

私は石井スポーツ主催の試乗会(菅平)に行ってきたんですけど、リフト2本あって2コース滑れるんですけど、急な方のバーンを滑ると難しく感じたのが、簡単な方のバーンでは扱いやすく感じました。

 

同じスキー場でもバーンによって評価が変わることがあります。

 

そしたらスキー場が違ったり、雪質が違えば評価が変わるのは当然です。

 

 

 

だから試乗会では、その時滑ったバーンと、雪質を考慮して買うスキーを決めて下さい。

自分の感じたことだけでなく、人の評価も聞いてみると良いですよ!

関連記事:2018年モデル、ニュースキー試乗レポート

参考HP:AnotherSKI スキー試乗レポートまとめ

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓