スキー用のソックス(靴下)はどうやって選ぶの?スキー専用がいいの?

 あなたはスキーソックスについて考えたことはありますか?

靴下を適当に選んでいませんか?暖かさだけで選んでいませんか?

そんな迷えるあなたのために、スキー教師の私の経験から本気で靴下選びを考えます。

特に上級者必見!

 

はじめに言っておきますが、誰にでもにオススメ出来るソックス、絶対的にオススメ出来るソックスはありません。人によって違うし、その時によって違うからです。
このことを頭に入れて、この記事をご覧ください!!

 

1.あなたはスキーで使う靴下に何を求めますか?

考えてみてください。

・暖かさ
・フィット感
・足の動かしやすさ
・厚さ
・素材
・価格

このぐらいでしょうか?
他にも何かありますかね?

 

それでは、次に私の意見です。

2.わたしスノダノブユキがスキーで使う靴下に求めているものとは?

第1位:厚さ

ダントツに1位はこれです。
靴下の厚みです。

ちょうどよい厚さの靴下じゃないと嫌なのです。毎日同じ厚みの靴下じゃないと嫌なのです。

極論を言うと、毎回違う厚みの靴下を履いているということは、違うサイズのブーツを履いているのと同じようなことになります。

昨日は24センチで、今日は25センチのブーツを使っているようなものです。(極端ですがこういうことです)
だから靴下の厚みが最重要ポイントです。

 

どのくらいの厚さがいいのかっていうのは、ブーツとの相性によって異なるので、はっきりとは言えません。試してみて、今使っているブーツに合うのを探すしかないです。

っといっても、難しいですよね。

 

基本的には、薄手のものをオススメします。
っというのは、厚い靴下だと暑さの分ブーツの中で足が動いてしまうのです。
だからせっかく足を動かしたのに、ブーツが反応してくれないという状況になってしまいます。

だから薄い靴下が良いです。

 

薄めと言っても、「薄い」なのか「極薄」なのか「超極薄」なのかは、
使っているブーツに合わせてください。

ブーツがきつすぎると感じるならば、一番薄いタイプを、
ブーツが少し緩いと感じるならば、少し厚めのものにしたりと
ブーツの大きさと自分の足の大きさに合わせて選んであげると良いです。

っといっても、履いて滑らないとわからないので、難しいです。。。

 

同じブーツを履いていても、最初はきついから極薄の靴下があっていたのに、
インナーがへたってきたらもう少し厚めの方がしっくりくることもあります。
足が小さくなることもあるかもしれません。
その時によって最適な靴下の厚みが違うのです。

関連記事:スキーブーツを履いていると、本当に足は小さくなるのか?

 

よく量販店で3足パックで売ってたりするのは、だいたい厚い靴下なので、あまりオススメはしないです。

関連記事:スキーブーツを選ぶ時、この3つに注意してください。

第2位:暖かさ

これは当たり前だと思いますが、暖かい方がいいですよね!
特にレーシングのブーツなんかだと、暖かさを考えてないので寒いです。

暖かさを売りにしているブーツもあると思いますが、上級者の場合は暖かさを基準にブーツを選んでいないと思うので、靴下で保温性を高めないといけません。

「保温性」って厚さと違って、店で買う時にハッキリとわかるものではないので、むずかしいですが、暖かそうな靴下を選びましょう。
(すみません、良いアドバイスができなくて、、、)

靴下は薄いから寒い、厚いから暖かいという単純なものではありません。
下に私が使っているおすすめソックスを紹介していますが、薄くても暖かい物もあります。

 

 

第3位:価格?フィット感?材質の硬さ?

それ以外には特別ないんですよ。
程よい厚さで適正サイズのスキー用の靴下を買えば、フィット感なんてだいたい良いし。。

部分的に素材を変えて、縫い方を変えていたりする高機能ソックスもありますが、そこまでやる必要あるのか?っとも思います。

 

それからスキー用のソックスであればほぼ問題ないですが、材質の硬さです。
柔らかい材質だと、ブーツ履くとつぶれてしまいます。
毛のようにふわふわしているものは止めましょう。
ブーツ履いたときのフィット感に影響してきます。

 

個人的には、靴下を選ぶ基準は「厚さ」と「保温性」です。
3位にあげるとすれば、「価格」です。お財布との相談も重要です。

靴下って意外と高いですからね!

 

3.スキー専用の靴下を使うべきか?

スキー専用のソックスは本当に価値があるのか?
普通の安い靴下でも問題ないのでは?

 

こんな風に思う人もいるでしょう。
結論から言うと、もちろん専用の方がいいです。

ですが、、、高いお金を出して買うほどのものかと言われると、??????って思うこともあります。

財布が許すならスキー専用の物を買ってください。

 

初心者~中級者はふつうの靴下でもいいと思います。
3足セットのものでもいいです。でもその場合も薄手の方がいいです。
厚いとブーツの中で足が動いてしまいますからね。毛のようにふわふわしているものは止めてください。
ふわふわしていない硬めの材質にしてください。

 

もちろん自分のサイズにあったものを買ってください。
当然膝下まであるハイソックスです。短いのは使わないようにしてください。

 

こんな感じで、初級者~中級者はあまりシビアに考えなくてもいいです。

 

でも上級者は専用の靴下を使った方が、スキーの反応が良くなるので、専用ソックスをお勧めします。

 


4.スキーソックスレビュー

スキーソックスっていうジャンルでレビューなんてあまり見ませんが、やってみます。
3つあげますので、オススメ順に載せます。
私が今までに使ったことのある商品を紹介します。

 

MICO X-RACE EXTRA-Light

これが1位です。
今まで使ってきた靴下で一番いいです。
MICOという会社の一番薄いタイプのものです。

これめちゃくちゃ薄いです
普段使うような普通の靴下と比べてもかなり薄いです。
薄いから足の動きがダイレクトにブーツに反応してくれる感じです。

そして薄いくせに、暖かいのです。
これビックリですが、あったかいです。

素材に純銀を使用していて、それが暖かいようです。

あと、適度な伸縮性で足にフィットします。

 

それからもう一つ良い特長があります。
このソックスは長持ちします。私なんか毎日のように使っているのになかなか擦り切れません。
何年も使えます。絶対に使えます。ホントに丈夫です。
長持ちすることを考えるとこのソックスは安いです。

 

ということで、薄い・暖かい・安いと3拍子そろってるので、このソックスが一番推しです。

タイトなブーツを使用している人には本当にオススメのソックスです。

mico
このX-RACE EXTRA-Lightが気になる人は、こちらからご購入下さい。
本当にオススメできる商品ですが、幅の広いブーツを使っている人には薄すぎるかもしれません。タイトなブーツを使用している人には超オススメ!!
ブーツがきつすぎるって人にはこれしかないです。

偶然わたしの先輩も全く同じものを使っていて、あったかいって言ってました。

そして、このブログをご覧になって実際に買ってくれる人も多いみたいで、好評です。
「このソックス良かったです」とメールをいただくこともあります。

MICO X-RACE EXTRA-Lightでした。

これでは薄すぎるという人にはもっと厚めのタイプもありますので、そちらを試してみて下さい。

店舗では売ってないことも多いので、ネットで買う人はこちらからどうぞ↓
ちなみに以前オーストリア行ったときに、全く同じのが売ってたのを見つけました。
 

X-SOCKS SKI CARVING ULTRA LIGHT

これが2位です!

「X-SOCKS」って聞いたことある人もいるかもしれませんが、スキー用だけでなく、ラン用とかトレッキング用の靴下も作っています。

とにかく高機能です。

場所によって厚さが違っていたり、素材が違います。
快適性や運動性だけでなく、ケガのことも考えて作っているようです。

厚さですが、先ほどのMICOと比べると厚いです。
かかとと甲は厚めで土踏まずは薄めになっています。

足の動かしやすさはMICOより良い印象があります。

xsocks
X-SOCKS SKI CARVING ULTRA LIGHTのご購入はこちらからどうぞ!

↑のリンクをクリックしてもらえればわかると思いますが、タ・カ・イ

お財布と相談しないと買えない商品となっています。
でもこちらも私はオススメ商品です。結構お勧めです。

インナーがへたってきたらこのソックスはお勧めですね。
新品のブーツにはmicoの方がいいと思っています。

こちらももっと、厚め・薄目のソックスもあります!
 

MICO OXI-JET Extra-LIGHT

またもやMICOの靴下です。
紹介しますが、個人的にはオススメできな商品となってしまいます。

理由は簡単。寒いからです。

OXI-JETソックスの機能1:血行に刺激
血管とリンパ管の機能は、下肢から心臓まで流れを作っている とても複雑に分枝化した管状構造を持ち、人体内において異化 生成物や毒素のような有害物質を生物学的に除去しています。
MICOのニューモデルOXI-JETは、脚の静脈系に対して着圧により マイクロプレッシャー効果が作用。このマイクロ・マッサージ効果により、 血液やリンパ管の循環機能に働きかける新しい機能ソックスです。

このソックスの特長は血流をよくするというらしいのですが、私にはまったく効果が感じられませんでした。逆に冷えて寒かったです。

あと伸縮性が低いので、フィット感に欠けます。ピタッとしてるんですけど、ピチピチすぎて私は好きではありません。

MICO社の靴下ならば、OXI-JETよりもX-RACEをお勧めします!

XーRACEと同じくこれも丈夫なので、長く使えることができます。
高い買い物ではないと思います。

 

以上、スノダノブユキの靴下(ソックス)レビューでした。

 

 

使ったことないですが、気になるソックスはこれです。

・ドイツ製のCEP めっちゃ高いんですけど、どうなんでしょう?試してみたいものです。

ホシノのソックス
B+のインソールを作っているホシノさんのソックスです。耐久性がどうなのか?ですが、お手頃価格です。
これも一度使ってみたい。使っている人の話を聞くとあったかいタイプは本当に暖かいらしいです。

 

 

関連記事:スキー初級者でも小物3点は買っておこう!買う時の注意点とは?

 

もしスキー用のものを使いたいと思ったならば、ここからソックスを探してみてはいかがでしょうか!

 

エキスパートスキーヤーにとって靴下はすごく重要です。
靴下が違うと滑りも変わってきます。本当に滑り変わります。
靴下は肌に直接触れる部分です。

肌→靴下→ブーツ→スキー
自分の脚の動きが最終的にはスキーに伝わるわけですが、最初は靴下に伝わるんです。
だから靴下は重要です。

見落としがちですが、大事な部分なんです。慎重に選びましょう!

 

※一番最初に書きましたが、絶対的にオススメ出来る靴下はありません。

靴下の厚みが違うからです。インナーがへたったら、足がむくんだら、足が細くなったら、、、、、足の状態・ブーツの状態が違えば最適な靴下は変わってきちゃうんです。

靴下選びは何気に難しいですけど、私の意見が参考になれば嬉しく思います!!!

 

5本指ソックスが気になる人はこちらへどうぞ!
スキー用の5本指ソックスに想うこと⇒どう考えてもムリ

 

スキー教師 スノダノブユキ

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓