フラットの重要性を知ることで、丸いターン弧を目指せる?

こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。

今日は真面目な技術論ですよ。難しい内容なので上級者のい必見!

フラットの重要性」について基礎スキーの観点からお話します。

(競技スキーには通用しない話かもしれません。私は基礎と競技をはっきり分けたくないんですけど、今日は特別です。)

深く回し込んでキレイな弧を目指すためにという視点で考えます。

 

なぜフラットが重要なのかという理論と意識の持っていき方も説明しますね!

 

なぜフラットを意識するのが大事なのか?

結論、
それは、フラットを意識することで、谷回りがきれいになるからです。

 

私が最近レッスンで大事にしているのは、「フラットを意識すること」です。

なぜフラットを意識するのが大事なのか?の詳しい説明の前に、

より深い弧を作るにはどうしたらよいか?」という質問をあなたにしたいと思います。

 

 

特に小回りで深い弧、幅・落差のあるターンをするにはどうしたら良いでしょうか?

 

 

 

私の中ではこの一つの答えに集約されます。

これです、「フラットの時にスキーが横を向いていること

小回りで深い弧を作るためにはフラットの時にいかにスキーが横を向いているかどうかが大事なんです。

 

 

 

今日のテーマ「フラットの重要性

 

なぜフラットを意識することが重要なのか?

その答えは、、、、

深い弧を作るためにフラットの意識が大事
スキーがフラットになったときにいかにスキーが横を向いているかが大事
フラットの時にスキーが横を向いていることで、谷回りが作りやすくなる


幅を取った小回りが出来ている人って、谷回りが長くキレイに取れているんですけど、もっと根本的なことを言うと、フラットの時にスキーが横を向いているんです。

フラットの時にスキーが谷を向いていたら谷回りは作れません。
谷回りを上手く作れている人っていうのは、フラットの時にスキーが横を向いています。

 

 

 

ここまで話がバラバラに聞こえているかもしれません。

しかしすべてつながっていますよ。まとめますよ。

 

谷回りが長くキレイ=フラットの時にスキーが横を向いている

⇒だからフラットを意識することが大切


フラットをどうやって意識するのか?

ではここからは、フラットをどのように意識すればいいのかという点を考えていきましょう!

 

答えは簡単です。

フラットになるまでターンを続ける意識が重要です。これだけです。

(冒頭で説明しましたが、今回の記事は特例で競技スキーの場合には当てはまらないと思います)



上の図を見てください。

赤丸が切りかえの部分なので、赤丸までターンを続けます。途中でやめないように!

このときに赤丸に近づくにつれて、エッジを緩めるようにしてください。

って言っても難しいんですよね!
山回りは勝手にエッジ立ってきますから。エッジを緩めるために、腰を谷側にどんどん落としてください。

腰の落下が止まると、エッジ緩まないですよ。

そしてスキーが一番横を向いた赤丸の部分でスキーの真上(斜面に直角)に腰がある状態を作る必要があります。
この状態が出来ればキレイな谷回り・深い弧なんて簡単にできます。

 

だから、
  • 赤丸の部分に向かいながらエッジを緩めつつ(フラットにしていく)スキーを回し込むこと
  • 腰を谷に落下させることでフラットに近づける
フラットまでターンを続けてみて下さいね!

 

まとめ、私のイメージ

フラットまでターンを続けるイメージをすると、フラットの時にスキーが横を向きやすいです。
フラットの時にスキーが横を向いているということは、次のとらえが始まりやすいので、谷回りが作りやすいんです。だからフラットは大事ですよ!

 

私の中の感覚では、エッジが残っている段階(角)からすぐに次のエッジ(角)を立てようとするをスキーのテールを振りやすくなるんです。
焦って無駄に動いてしまいテール振るので、谷回りが上手くできません。

角が立っているところからフラットまでターンを続け、そこから次のエッジを立てていく
こうした方が、スキーのトップがよーく動きます。谷回りがきれいに作れます。

 

だ・か・ら、、、

✖ 「角→角」 だとスキーを振りやすい

〇 「角→フラット→角」 だとスキーを振らない

一度フラットの瞬間を作りそこから次の角を立てていく、次のターンを始めていくといった感じです。

「角→フラット→角」を意識してキレイな丸いターン弧の滑りを目指してみて下さい。

参考にしてみてください。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓