リフト券ホルダー(パスケース)を自作したらこうなった。

1.リフト券入れに困る

リフト券って紙のものとカードのものがありますよね。

カードの方がしまう場所には困らないですよね。ただポケットに突っ込むだけでいいから。
わたしが今使っているウェアは左腕にポケットがついています。
こんな感じです。↓
img_20160908_155739
このポケットにカード式のチケットを入れれば、問題なく改札のゲートが開きます。
しかし紙のチケットは無理なのです。

こういうホルダーがないとダメなのですよね。
↓  ↓  ↓

%e3%83%81%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%bc
だからこのウェアって紙のチケットのスキー場には向いていないのです。
ホントどうにかして欲しいです!?!?!?
ちなみにこの青いのはマムートのスキーウェアです。

 

ゴールドウィンとかフェニックスのようにに日本のメーカーの場合はちゃんとチケットホルダーついているものが多いですが、海外のメーカーのウェアはついていないものが多いです。

 

正直不便ですよね。
不便なので、別にパスケースを買っている人も多いかもしれません。
でもこういうパスケースって邪魔に感じませんか?
私は邪魔だと思ってしまうので、つけたくないのです。滑っているときにブラブラさせたくないのです。
腕につけるもの嫌なんです。

 

じゃあーーーーー、どうすればいいでしょう????
考えた挙句、、、結論はすぐに出ました。

 

2.自作パスケースの作り方

自作する
自作すればいいだけです。

 

パスケースの作り方
1.材料を買う
2.取り付ける
3.完成

それでは作り方を見ていきましょう!!

2-1.材料を買う

必要な材料は二つだけです。
マジックテープクリヤケース
あとは「針」と「糸」

糸は適した糸があるかもしれないですが、良くわからないので、その辺の適当な糸でもOK

どうでもいいですが、「クリヤ」ケースというのが、正しい呼び方っぽいです。
「クリア」だとヒットしなかったです。
サイズですが、わたしが今使っているのは、横110mm×縦80mmのものでした。
これでちょうどポケットに収納されるサイズです。
この大きさがベストだと思われますが、必ずウェアのポケットサイズは調べておいてください。

マジックテープはなんでもいいです。

100均でいいと思うので、実質200円でパスケースはできてしまいます。
あとは自分の裁縫の腕しだいです。
ここが一番重要です。

2-2.取り付ける

買ったクリヤケースとマジックテープをウェアに着けていきます。
針で縫うのです。

結構難しかったですよ!一番表の生地にしか針を通してはいけないので。

まずはマジックテープの片方をウェアに縫っていきます。
その次にもう片方をクリヤケースに縫います。
そしたら、最後にクリヤケースをウェアに縫います。

出来上がりがこれです。

img_20160908_155833
この写真を見るとかなりかっこ悪い!?
まあ遠くから見ると、全然気になりません。
意外と自作感ありありって感じじゃないです。他人の視線も気になりません。

 

マジックテープをはがすと、こうなります。↓

img_20160908_155849
ここを縫うと、使わないときはポケットに収納できるのです。
便利でしょ!!!

 

3.自作パスケースのデメリット

3-1.クリヤケースが裂けてくる。

まあ、予想できますよね。予想通り裂けました。これです。
img_20160908_165032
裂けたところは縫えば回復するでしょー。
今のところ、糸のほつれはありません。縫い目はしっかりしていたようです。まだ使えます。

追記:これは縫うよりもホッチキスで止めると一発で解決します。
ボロボロになってきたので、ホッチキス止めしても気にならない・・・・。

3-2.カッコ悪い

これ作った本人が言っているのだから間違いありません。
少なくとも格好良いと思う人はいないでしょう(笑)

しかし他人はこれに気づきません。
だから他人の目を気にしなければOK

3-3.クリアケースの硬さが気になる

わたしみたいに、繊細な人は気になるでしょう。
ガサツな人は気にならないので問題なし

 

4.結論

自作パスケース、、オススメはしない

が満足感はある。そして壊れなければ便利

何より作成費が安い
200円でできるのはいい!!

以上

 

お勧めしないので、買った方がいいです。
高い買い物でもないし、専用のものの方が絶対に上部なので。。。

 

リフト券ホルダーはこちらでお探しください。⇐クリックしてみてください!!

 

こんなのも良さそうです。
 

関連記事:自動改札導入スキー場の裏を予想する、そりゃ導入しないとハッキリしないわ

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓