春スキー、「風」が一番の敵なのか?

:雪解けの季節

 

春は暖かく雰囲気が良いですけど、雪がなくなりスキーできなくなるさみしさもある。

よくわからない季節です。

好きであり嫌いな季節です。

冬かよって思う寒い日もあれば、夏かよって思う暑い日もある。

よくわからない季節です。

 

 

って何が言いたいのかよく分からな出だしになってしまいましたが、
私たちスキーヤー・スノーボーダーが一番気になるのはスキー場クローズ予定日まで雪が持つかどうかですよね。

  • 気温が高い日が続けば雪が減ります。
  • 晴れの日が続けば雪が減ります。
  • 雨が多ければ雪が減ります。
  • 風が強ければ雪が減ります。
 

雪が減るっていろんな要素があります。

 

ちなみに人口雪は結晶が天然雪と違うので溶けにくいんですよ!詳しく知りたい人は次の記事を読んでください。
関連記事:人工降雪機 人工雪の謎にせまる。

 

雪が一番へるのはどういう時なんでしょうか?

こんな論文を見つけました。

「雪解けのメカニズムを調べる簡単な実験」
http://www.ricen.hokkaido-c.ed.jp/411kenkyuukiyou/vol15/yukidoke.pdf

(↑ページがなくなってしまったようです。)

 

潜熱とか顕熱とか出てきて、簡単な実験と言っていますが、一般人には理解不能です。

まとめのところを引用しますね。

雪解けには、湿度と風が大きく関係していることが分かった。これにより、曇りの日に雪解けが進むのは、晴れに日に比べて湿度が大きいことと、曇りの日は風が強いことが大きな要因になっていると考えられる。

 

要するに、雪が溶けやすい条件っていうのは、

  • 湿度が大きいこと
  • 風が強いこと
のようです。

 

 

経験的にも、スキー場で言われることでも、
「風」は溶けるんです。風は強敵です。

 

科学的にも正しいようですね。

 

春、スキー場の敵は「風」です。

 

ただし気温が低い時は、強風でも雪が解ける影響は少ないです。ってこともこの論文にも書いてあります。
(私の理解が正しければですが)

 

風に負けずに雪がもって欲しいですね。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、無料レッスンのご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のレッスンのご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓