飯綱山周辺について、実はスキー場が3つありました。

1.飯綱山っていう山があります。

「いいづなやま」って山の名前自体は知らない人が多いかもしれませんが、飯綱ってスキー場があるので、聞いたことぐらいはあるんじゃないでしょうか!

 

「いいづな」って、よく使われるのは「飯綱」っていう字なんですが、山の名前では「飯縄山」が正しいのです。

飯縄山は標高1917mで、このあたりの山(瑪瑙山(メノウ山)・怪無山(けなしやま)・霊仙寺山(れいせんじやま))の中では、一番高い山です。

っといっても、2000mないので、長野県の山としては高くない山です。

Wikipediaにもかいてありあますが、北信五岳の一つの山になっています。

 

飯縄山

2.この写真見てわかりますが、

2-1.長野市、飯綱町、信濃町の3市町にまたがっています。

左半分は2004年までは戸隠村でしたが、2005年1月1日から長野市になりました。
長野市は広いですね!すごい広いです。

戸隠なんて遠いところにありますけど、長野市なんです。

 

2-2.スキー場が3つあります。

写真みて気づいていない人はいないと思いますが、スキー場が3つありますよね。
「戸隠」
「飯綱高原」
「いいづなリゾート」

この3つです。
3つとも、飯縄山にあります。
戸隠はゲレンデは瑪瑙山・怪無山になりますが、その上は飯縄山です。

 

2-3.戸隠スキー場は戸隠山にはない

これも気づいたと思いますが、実は飯縄山に戸隠スキー場はあるのです。
戸隠スキー場は本来戸隠村にあります、今での長野市戸隠という住所なので、こう聞くとみんな納得ですが、この地図を見るとそれ戸隠って言っていいの?って思ってしまうかもしれません。

 

3.この3つのスキー場は、

雪質・雪の量が違う

同じ山ですが、けっこう違うんですよね!

戸隠と言ったら雪が少ないイメージはないと思います。
割と多めのスキー場。

しかし飯綱高原と言ったら、雪が少ないことで有名?
雪不足に悩まされています。究極に少なかった2015-2016シーズンは2か月ぐらいしか営業できませんでした。

 

この3つのスキー場は雪が降る量も違うと思いますが、斜面の向きが違うのも大きいです。
上の航空写真見れば一発ですが、
戸隠:北西
いいづなリゾート:東
飯綱高原:南

南向きが一番日が当たるので、一番溶けやすいです。
北よりの戸隠が一番溶けにくいのです。
だから降った雪が良い状態で保たれやすいです。

 

雪を取るなら、
飯綱高原<いいづなリゾート<戸隠

アクセスをとるなら
飯綱高原>いいづなリゾート>戸隠

こうなります。良いところもあり悪いところもあり

 

飯縄山登山はこちら↓

関連記事:飯縄山(1917m)登山、南登山道で登り、戸隠スキー場を滑る

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓