菅平は大きく分けて3つのエリアに分かれているよ

菅平

菅平って言ったことありますか?

長野県の上田市と須坂市にまたがる菅平高原

Wikipediaによるとこう書いてあります。

菅平高原(すがだいらこうげん)は、上信越高原国立公園に属し、長野県上田市の北部から須坂市にまたがる、標高1,250から1,650mの高原地帯である。

夏でも冷涼な気候であるため、古くから、ラグビー合宿のメッカとして知られている。現在では、夏は、ラグビーをはじめ、サッカーテニスゴルフ陸上競技パラグライダー乗馬、冬は、スキーなど多種多様なスポーツが盛んに行われている。また、十ノ原地区は別荘地となっている。夏の冷涼な気候を利用した高原野菜の栽培も盛んである。1927年矢追秀武によって「日本のダボス」と命名され、1929年には来日したハンネス・シュナイダーによって「日本のシュバルツバルト (Japanisch Schwarzward)」として海外に紹介された。

1.自然・気候

標高が高いところに平野が広がっているような感じなんです。こんな感じ↓

菅平
プチ盆地みないたもんですね。

だからとにかく寒いです。寒気がたまるんです。超寒いです。

マイナス15度ぐらいは普通に行きます。

でも天気良いとどんどん気温が上がります。日気温差大です。

 

で雪質ですけど、基本は硬いバーンです。雪はそんなに多くない地域です。人工雪も多いです。

だから硬いです。

関連記事:人工降雪機 人工雪の謎にせまる。

 

2.スキー場

2-1.ゲレンデ

スキー場は3つのエリアに分けられます。それぞれ独立しているので、滑っての移動はできません。

ダボスエリア・太郎エリア・パインビークエリア、この3つです。

どこも、横に広いため、距離は長くないです。

 

その分無駄に長いゲレンデはないので、練習には良いバーンが結構あります。

ポール練習している人も多いです。

 

○オススメコース

パインビーク、オオマツゲレンデの「SAJ公認チャンピョンコース」↓
中間部からです。けっこう斜度あってスピード出ます。エキスパートの練習としてはかなりいいです。
左右に多少ねじれがあり、斜度変化もあるバーンです。

菅平

 

次、同じくオオマツゲレンデの「大松山コース」↓
このときはまだオープンしていなかったのですが、先ほどのチャンピョンコースよりも斜度は緩いです。ねじれの無いキレイなバーンです。

大松山コース

 

3つ目はこちら↓
太郎エリアの「ファミリーコース」です↓

快適な中斜面です。でも雪硬いことが多いので、スピードは出ます。



 

基本的に雪は硬いことが多いので、どのゲレンデでも斜度の割にスピードは出ることが多いです。

 

3-2.リフト券

リフト会社は5つあるようなのですが、共通リフト券があります。

エリア券も発売していますが、基本は共通券です。

ICカードなので、保証金として500円が必要になります。(帰りに返してもらえます。)
これはクレジットカード払いできません。現金です。

 

エリア移動時にICカードを交換しないといけないらしくて面倒です。

これは止めてもらいたい。そんなことするなら共通券作らなければいいのになぁ。。。って思います。

 

 

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓

菅平