「ルーティーン」No.4スキーで使えるルーティーンのメリット

ルーティンの記事ですが、No.3で途中になっていたので、続きです。
読んでいない人はNo.1から読んでください。
「ルーティーン」No.1ルーティーンの意味
「ルーティーン」No.2あなたの現状を知ろう!
「ルーティーン」No.3スノダノブユキがルーティーンを行わない理由とは?

No.3ではスノダノブユキがあえてルーティーンを行わない理由を書きました。でもメリットもありそうだと最後の方にも書きましたね。

 

No.4はルーティーンのメリットです。

ルーティーンを行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか?
例えばこんなメリットがあります。

1.集中力を高めることができる
2.心の安定を保つことができる
3.エネルギーを無駄に消費しない
4.やるべきことを継続しやすくなる

 

気付いたかもしれませんが、上記の4つはすべて心理的なことです。自分の心を良い方向へ導くために、行うものなのです。

1・2:毎回同じ動作をすることで、余計なことを考えなくなり、自分の世界に入りやすくなるのです。だから集中することもできるし、心を落ち着かせることができるのです。

3:余計なことを考えなくて済むので、エネルギーを無駄に消費しないのです。

4:毎日決まった時間に起きて、決まったことをするようにすれば、やらなければいけないこと、やろうとしていることを習慣化しやすくなります。やるべきことをこの時間に必ずやるというようにルーティーンにしてしまえば、継続できるようになってきます。

これらをカッコよくまとめると、「ルーティーンを行うことで自己管理能力が上がる」と言えます。

 

 

このようなメリットがあるルーティーンですが、スキーではどのように使えばよいのか?
スキーとルーティーンとの関係を考えてみましょう

 

わたしなりに色々考えてみましたが、一番効果があると思われるのがスタート前です。
滑り出しの前ですね。

ここで自分なりの動きとかポーズとかを決めるといいのです。

・ストックでカンカンとたたいてスタート
・ジャンプしてからスタート
・プルークで左脚・右脚の順番に閉じてパラレルスタンスでスタート
・屈伸してからスタート
・スキーの雪をどけてからスタート
・万歳してからスタート

などなど上げればいろいろ出てくるでしょう。
何でもいいので、自分で決めてからスタートすると集中して滑れると思うのです。

 

スキーはスキー場が違う、ゲレンデが違う、雪質が違う、天気が違うなどなど毎回いろんな環境で滑ります。

 

ホームゲレンデで滑っているときだけは、上手く滑れても他のスキー場へ行ったら全然ダメってならないようにするためには、自分のルーティーンを決めると良いです。特に検定前では威力を発揮するでしょう!
いつもと同じ動作をすることで、いつもと同じように集中して滑り出すことができるのです。周りの環境は違っても、自分の動作だけは変わらないですからね!

これがスキーの場合にルーティーンが有効な理由です。

だから皆さんも何かスタート時のルーティーンを決めてみてはいかがでしょうか!
科学的に意味がない動作でいいのです。なんでもいいのです。

それが一流に近づくために必要なことかもしれません。

 




 

この本には、習慣化(=ルーティン化)を一番うまく取り入れているのがアスリートと書いてあります。習慣化することで一つのこと(滑ること)のみに集中しやすくなるのです。
 

これはお勧めです。読みやすいし、ためになることが書いてあります。
スキーのためにも日常生活のためにもお勧めの本です。

関連記事:メンタリストDaiGoさんの「超集中力」で時間を有効に使おう

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓