スキーはブーツの中の見えない部分の動きがすごく重要、見えないから知らない人も多そう

がっつり技術論、上級者向け記事です。

スキーっていうスポーツは基本的に下半身を大きく動かして2本の板を操作するスポーツです。

上半身の動きの方が見やすいので注目してしまいがちですが、下半身の方が圧倒的に重要です。

 

下半身の関節といったら、股関節や膝や足首がありますが、
今回は「足首」に注目します。

さらに注目ポイントを絞っていくと、、、
足首でもいろんな動きが出来ますが、今回の注目は、、、、

足首の回内・回外とか外反・内反といった動きのお話をします。

 

言葉で聞いてもわからない人が多いと思うので、
その動きをした写真を見てみましょう。

その方が早いです。

滑るときはこの下にある写真の動きをすると良いのです。

 

まずは一つ目
これは正常時です。左脚です。
力を入れずに楽にしていた時にこの状態になっています。


ちなみに履いているソックスはわたしのお勧めmico社のX-RACEです。

薄いので操作性が良くて、さらに暖かい、
タイトなブーツを履いている人にはピッタリのソックスです。
関連記事:スキーソックス(靴下)の選び方、選ぶ基準は?

 

脱線しましたが、この正常な状態(↑)からこのように動かしました。
これです↓


言葉で説明すると、つま先とカカトを結んだ線を軸にして回転させるような動きです。

これは右ターン時の左外脚の動きです。

このような動きをブーツの中でしているんです。
この動きをするとエッジがしっかりと噛んでくれます。(もちろんブーツにつつまれているので、実際はこんなに動かすことはできません。)

アイスバーンなんかだと、この動きをしないとツルツルーーーーーー、大転倒します!

 

この動きのイメージとしては、母指球でエッジを押さえつけるような感じです。
エッジを切りかえるときに、この動きを始めて、ターン中盤まではしっかりと母指球をおさえてくださいね。

 

 

そしたら3枚面の写真です。


さっきと逆の動きです。

左ターン時の左内脚です。

内脚なので、2枚目の外脚の時よりは重要性は低いですが、2本の板を使うスポーツなので、内脚時も足首の動きは忘れないようにしましょう。
さきほどと同じく、切りかえからターン中盤までは小指側をしっかりと立てましょう!

 

 

今回は普段は絶対に見えることの無い動きを説明しました。

見えないですが、すっごく重要な動きなので今まで考えたことなかった人は、これからは意識してみて下さい。
滑りが変わるかもしれません。

 

 

そしてスキーは基本的には雪面に近い関節から動かしていくものです。
だからこの足首の動きっていうのは、膝よりも股関節良いも早く動かすのが正解です。

足首→膝→股関節
の順番に動かし行くんです。
実際はほぼ同時ですけどね。。。意識としては、足首を写真のように動かしてから膝・股関節を動かすようにしてください。

関連記事:スキーの基本である「足元からの操作」はスキーを初めてやった人から学べ

 

 

あとインソールも最初からついているノーマルインソールだと、この足首の動きをしてもスキーが反応してくれません。
インソールはできるだけ自分の足のアーチにあった整形タイプを使うことをお勧めします。
私のお勧めはシダスです。使っているのはこれです。シダスのカスタムレースってやつ


 

 

ちなみに今回説明した、足首の外反・内反の動きが出来ている人は、ステルステックの効果が表れやすいと思います。
逆に言うとできないと効果は薄くなります。

ステルステックは非常に効果のある商品ですが、上手く足首の動きが活用されていないと本領を発揮しません。
誰が使っても効果があるというわけではないと思うので、買う時は気を付けてください。
下の記事も参考にしてください。

関連記事:大注目「ステルステック」が気になったので使ってみたらすごく良かった


ブーツの中の足の動きは大事。
ブーツの中で足がよく動く人ほどインソールとステルステックの効果が出る。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓