「習うより慣れろ」というのは、立場的に言いたくないけど言ってみる

私の冬の仕事はスキーを教えることです。

スキーを習いに来てくれるお客さんのおかげで食っていけます。

 

なので、私の立場としてはどんどん習いに来てくださいっていうのが本音です。

でも「習う」ことも当然大事ですが、「慣れる」こともめちゃくちゃ大事なんです。

 

何で慣れることが大事かっていうと、スキーの性能を引き出すポジションは人によって違うからです。

ポジションなんて最終的には自分で見つけていくしかないのです。

 

習っても先生はあなたにとっての正解は言ってくれないかもしれません。

人によって正解は異なるからです。

 

 

例えば、足裏の乗る位置なんて、だいたいの正解の位置はありますが、
細かく言うと、人によって正解は異なります。

人によって異なるのです。
だから先生の言うことを参考にして、自分でただしい乗り位置を探していくしかないのです。

だって、人によって
・足の大きさが違う
・脚の長さが違う
・筋力が違う
・身長が違う
・ブーツが違う
・スキーが違う
・足の形が違う
・体重が違う
・関節の可動域が違う

違うところだらけです。

 

結局人間なんで、先生も人のことのすべてなんて分かりっこないです。

 

いくらスクールで教わったって、先生にすべてを託しているようでは、上達できません。

レッスンを受けて良いと言われた時の、感覚を大事にしてください。
細かい感覚なんて言葉で表現できないことが多いです。

自分の感覚は大事です。
自分の感覚は大事にしてください。

 

最終的には、自分で良いポジションを見つけていくしかないんです。

そして道具が変わればポジションも変わります。

慣れるしかないんです。

 

 

 

結論

習うことは大事

でも慣れることもすごく大事

習ってから慣れろ

 

慣れる前に習った方が、上達は早いです。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓