お客さんの滑りを見れば気持ちがわかる

私は「スキー上達のために一番大事なのは、気持である」って思っていますし、
ツイッターにも書いたりしてます。

スクールに入ってくれたお客さんに言うこともあります。

 

これは経験上事実だと思っています。

自分自信の経験上、お客さんの滑りを見ていて思うのは、
「気持ち」が大事!!

 

だからと言って、「常に向上心を持って滑りなさい」
って言いたいわけではありません。

人それぞれなので、上手くなりたいなら真剣に滑って欲しいですし、
まったり、ゆっくり滑っていてもいいです。

誰も否定しません。人それぞれスキーを楽しんでもらえればそれでいいです。

 

 

ってわけで、今回の記事の内容は、、、

レッスンしていて思うことです。
もう少し具体的に言うと、レッスン中生徒さんの滑りを見て、生徒さんの気持ちがわかってしまうって話です。

 

だからタイトルにあるように、
滑りを見れば気持ちがわかる」なんです。

 

レッスンして生徒さんの滑りと見て思うことは、
・ちゃんと話聞いてやろうとしてくれているな、でもちょっと運動が違うな
・あー、この人なんも考えてないや
・思ったよりスキーが曲がってきてビックリしてるだろうな
・なんでスキー曲がらないんだろう?って思ってるだろうな
・なんか迷ってるな、この人
・あーー、失敗したーー。でも1ターンだけ上手くいった
・悩んでる。。。
・(集中力がきれて)何したらいいんだっけ?

 

こんなことを思います。

意外とお客さんの気持ちって伝わってくるんですよ。
全員が全員わかるはずはないですが、結構わかってしまいます。。

「今こう思いましたよね、ここ意識して滑りましたよね!」って聞くと8割ぐらいは「はい」って答えます。
2割ぐらいは外れます(笑)

 

だから手を抜いて滑っていることも8割はばれちゃうんですよ。
別に手抜きすることを悪いってことじゃないです。

 

私が一番うれしく感じるのは、
説明したことを実行してくれる人です。
できる・できないに関わらずやろうとしている姿勢は必ず滑りに現れます。
この人スゲー頑張ってるな!!!っていう人を見ると嬉しいです。
こっちももっと頑張ろうって思います!

 

ホントにお客さんの気持ちって伝わってくるんです。

 

 

あと、これは最後に書きたいことなんですが、
「説明聞いて、それをちゃんと実行しようとしている人は、上級者に多い」と言うことです。

やっぱり上手くなる人は上手くなる理由があったんです。
ちゃんと話聞いてやろうとするから上手くなるんです。

そういう上級者はもっと伸びます。

結局上手くなるには気持ちが大事なんです。

 

関連記事:
単純、スキーが上手くなる方法とは?
ピグマリオン効果でスキー上達ースキーインストラクターのみ必見ー
意識と無意識を行ったり来たりしてスキーは上達していくもの

 

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓