滑りやすい雪質ってどんなの?(春スキー編)

湿雪

結論:「春スキーは雨の日が最高であり、最低である

この意味は最後まで読めばわかります。

 

 

滑りやすい雪質とは?

  • やわらかーい粉雪
  • 締まった粉雪
  • アイスバーン
  • 湿雪
  • 深雪
ってあると思いますが、まあー普通の人は適度に締まった粉雪が一番滑りやすいでしょう。

体重によって程よい締まり具合って変わりますけどね。。。

 

今回は春(スプリング)シーズンの雪質について話しますね!

 

 

春は運が良ければ、粉雪に出くわすことがあります。しかし湿雪が多いですよね。

こんな雪が悪い季節ですが、その中でも滑りやすい雪と滑りにくい雪があるんです。

 

一番滑りにくいのが、寒かった日から急に暖かくなた日で、かつ暑すぎない時

通称:ストップ雪(?)

 

暑くて雪解けまくりの時って言うのは、まだマシなんです。

問題は微妙に暖かくなった日です。それもゲレンデがあれてない朝です。

 

こういう時は、本当にスキーが滑らないです。

思ったように滑らなくて大変です。特に緩・中斜面です。

急斜面はスピード出るからいいでしょう。

緩斜面は全然スピードがのらない。とにかく進まないです。そして脚が疲れます。

 

こういう時はつらいですね。

 

ワックスの差は出ますが、しっかりとワックス塗っていても滑らないです。諦めましょう。ワックスのせいではないんです。

こういう湿雪の時は滑らない。

 

 

少し技術的な話になりますが、

スキーってその場では向きを変えようとする(ターンする)ことはできないです。
よく焦ってその場でスキーを回そうとする人いるんですけど、そういうスキーヤーには、「ここからここまでの間にゆっくりスキーの向きを変えていきましょう」ってアドバイスをしたりします。

スキーはその場では曲がらない!!!これ大事です。

ストップ雪の時滑ればよくわかりますが、スキーが進みながらじゃないと、ターンはできません。

 

 

ただし、午後とかゲレンデが荒れてくると、滑りやすくなっていきます。
キレイな朝のバーンの方がストップするので、滑りづらいです。

 

では、春の悪い雪質の中で、比較的マシな雪とはどういう雪でしょうか?

これは雨の日です。

雨の中のスキーです。

 

スキーをしていて、雨の日って一番つらいと思うんですよ!
私は雨より吹雪の方がマシかなって思っちゃいます。

つらい修行のような中でのスキーですが、実は意外と滑りやすいんです。

水分が多すぎて流れるからなのか、雨の日はよく滑ります。

ストップ雪を経験直後だったりすると、かなり滑りやすいです。

 

 

滑りやすさなんて、その前に滑った時の雪質との比較なんです。

雨の日が滑りやすく感じる日もあります。

でも1月に雨降ったら滑りにくく感じます。

 

 

 

ってことで、一言でまとめると、

春スキーは雨の日が最高であり、最低である

 

もう一度、背説明しますね。

最高と言うのは、雨の日は春の雪にしては滑りやすいという意味

最低と言うのは、雨の中スキーするのはつらいという意味

 

 

雨の中はつらいですが、せっかくスキー場についたのであれば、滑ってみると良いですよ!!

意外と滑りやすいですから!!

 

では。。

 

関連記事:
春スキー、硬いゲレンデ滑るなら、あそこへ行けば、間違いなし
スキー場内の雪質の違いって気にしたことありますか?

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓

湿雪