外脚使うけど、内脚も使うことが大事

こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。

 

スキーっていうスポーツは両脚使うのが大事です。外脚と内脚両方使うのです。

2本の脚があって2本のスキーがあるので、2本きちんと使うのが大事です。

それは基礎スキーでも競技でも同じです。

外脚も内脚もきれいに使える人が上手いです。

 

間違えてほしくないのが、「外脚荷重を忘れずに」です。
どんなレベルになっても基本は外脚荷重です。

 

外脚の方が荷重は強いです。
その方がバランスとりやすいですし、強いエッジングが出来ます。

 

だから外脚荷重は基本です。

 

でも内脚も使います。
内脚を活用する必要があります。

 

詳しくはnoteのこの記事を読んでほしいんですが、内脚も大事です。

で、、、、、、内脚をちゃんと使えている人っていうのは、外脚にキレイに乗れている人だと思うんです。

例えばこの写真



内脚より外脚に体重が多く乗っています。

でも内脚も乗れています。
大事なのは、
外脚は外力に耐える脚、
内脚は自分から押していける脚

ちょっと抽象的でわけわからないかもしれないですが、
外脚で耐えつつ、内脚を踏めるっていうのがポイントだと私は思っています。

ワールドカップ選手の滑り見ても、外脚に乗っているけど、内脚からも雪煙結構出ています。
両脚使うのが大事です。

 

外脚に乗るんだけど、内脚を上手く活用する方法はこの記事で書いています。
内脚を使うことで、外脚も上手く使えるようになります。

逆に言えば外脚にきちんと乗れているならば、内脚も使いやすいです。

両脚をしっかりと活用して滑りましょう!

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓