SAJとSIAの資格、どっちにしようかな?その前に資格必要か?

スキー教師のスノダノブユキです。

 

このブログを読んでくれている人なら、知ってると思いますが、日本の主なスキーの団体はSAJとSIAがあります。

SAJ:公益財団法人全日本スキー連盟

SIA:公益社団法人日本プロスキー教師協会

圧倒的に有名なのはSAJの方ですね!

 

SIAって何なの?SAJとの違いって何なの?

今回は、指導者の資格について説明します!両者の違いをざっと書いてみますので、資格を取ってみようかなって思っている人は読んでみて下さい。

 

○指導者の資格

SAJ:準指導員・指導員

SIA:ステージⅠ・Ⅱ・Ⅲ

となっています。

準指導員はステージⅡ、指導員はステージⅢと同じランクです。資格の移行も出来ます。




ちなみに、指導者の資格ではなくて検定(バッジテストとかSIAではIT検定と言います)は違う記事で書いてますので、そっちをご覧ください。

関連記事:SIAの検定とは?SAJと違う5つのこととは?




私自身がSIAの会員なので、SIAのことを中心に説明していきますね。

なぜSIAはプロと言われているのか?

世間ではSAJがアマチュア、SIAがプロと言っています。しかし冬はスキーを教えるのが本業だよ!って人からしたらどっちもプロです。お金もらってるんだからプロです。

 

じゃあなぜSAJはアマチュアって言われているのか?考えたんですけど、たぶんこれだと思うんです。(私なりに考えた結論です)

「SAJはスキーを職業としていない会員がいるから、SIAはスキーを職業としている会員しかいないから」です。

 

SAJは会費払えば簡単に会員になることができます。

しかし、SIAの場合は簡単に会員になることはできません。会員になるためには、いくつかのステップを踏まないといけないのです。

①国際スキー技術検定(IT検定)でシルバー以上を取得する

②準会員になる(公認スキー学校の講習修了証明書が必要)

③ステージⅠを受験(公認スキー学校の講習修了証明書が必要)

④合格して入会金を払う

 

④までクリアしてやっと正会員に慣れるのです。ステージⅠは入会検定とも呼ばれています。

 

SIAはスキーを職業にしようと考えないと、ハードルが高いのです。

だからプロと言われるんだと私は考えています。

 

要はSIAはスキーの教える資格でもとろうかなって安易に考えている人には敷居が高いんです。実際本業がちゃんとあって片手間でSIAの資格とろうかなって人はあまりいないです。

(資格を取ってから、状況が変わって週末や繁忙期のみ教えているって人は多いです。)

 

SAJとSIAどっちの資格を取ればいいんだろう?

3通りの考え方あると思うので二つに分けて説明しますね!

①ミーハー、憧れ、資格ゲッターのあなた

実際に教えたい、仕事にしたい、という気持ちが全くない人もいるでしょう。とりあえず資格が欲しいって人。

そんな人にはSAJをお勧めします。多分SIAではなかなかステージⅠを受験させてもらえないでしょう。素直にSAJの資格を取ることをおすすめします。

 

②週末のみ、副業としてスキーを教えたいあなた

これはすごい私個人的な発言です。

もしあなたにSIAの知り合いがいないのであれば、SAJのスキークラブに入って仲間作って準指導員取った方が良いんじゃないかなって思います。

上でも書きましたが、SIAはスキーを職業と考えている人が所属する団体です。プロとしてお金をもらってスキーを指導するという意識が薄いならばSAJの方が良いかと思います。

 

SIAの知り合いがいれば、校長に相談してステージⅠ受験してもいいと思います。

これはスクール・校長の考え次第ですが、常勤として働こうとしても、簡単に受験させてもらえないこともあります。最初から週末のみと考えているならば、ステージⅠの受験すら許してもらえない可能性もあります。その辺は注意してください。

 

③本業としてスキー教師になろうと考えているあなた

この場合はどっちでもいいと思います。

どっちでもいいというと答えになってないので、両団体の特長・違いを下に挙げてみます。参考にしてください。

 

ちなみに本業にしようかなと少しでも思っている・考えてたことがあるならこの記事は必読です。

関連記事:実はスキー界復活のカギはスキー以外にあったんです。

 

SAJとSIAの違いとは?

SAJ
  • 統一感がある
  • 指導法が変な方向に走ってしまうことがある(あった)
  • スキー技術が高い人が多い
 

SIA
  • 各スクールの個性がある(統一感がない)
  • マニュアル通りのレッスンはない
  • 日程さえ合えばデモのセミナーを受講できる
  • 世界では認められているので、外国でも資格所持していることが有利になるかもしれない
  • 指導力が高い人が多い
 

レッスンって、マニュアル通りにやっても上手くいかないんです。っていうのはお客さんが違えば天気も違うし雪質も違うなかレッスンするので、自分なりのやり方っていうのは絶対に身につけないといけないんです。そうしないとお客さんからの信頼って得られないと思うんですよね。

そういう意味では自分の特長をだしていきやすいのはSIAだと思います。指導者として成長も出来るでしょう。でも最初は苦労するかもしれません。

 

そもそも資格必要なのかな?

 

あなたがあ先ほどの①~③のどれに当てはまるかによって異なります。

①ミーハー、憧れ、資格ゲッターのあなた⇒SAJをお勧めします。SIAは辞めといた方が良いです。

②週末のみ、副業としてスキーを教えたいあなた⇒現実としては研修受ければ資格なしでも大丈夫です。取得したかったら頑張って受験しましょう!

③本業としてスキー教師になろうと考えているあなた⇒取得しましょう。SAJでもSIAでもどちらでも!

 

 

あなた自身の置かれている状況や、今後の方向性を考えてみて、資格を取るかどうかを決めて下さい!SAJとSIAどっちの資格にするか決めて下さい。

先ほども同じようなこと言いましたが、SIAの場合は業務上必要または所持した方が良い状況になったときに受験すればいいと思います。初めから資格資格っていうのは違います。勘違いしないようにしてください。

 

 

もっとこんな情報欲しい、聞きたいことがあるって人はお問い合わせフォームやツイッターから質問してください。

わかる範囲で答えます。

 

スキー教師 スノダノブユキ

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓