わたしの持論を発表、上手いスキーヤーとは?

だんだん考え方って変わってくるんですよね。

前はレーシングは興味なかったんですけど、今はレーシングの練習をもっともっとしたいって思うようになった。

基礎スキーって何なんだ???って思う時ある。

 

わたしのスキー技術の考え方を書いてみました。
知りたくなった人は読んでください!

 

わたしのスキーに対する考え方は、レーシングがトップにあります。

レーシングに味付けしたのが、基礎スキーです。

 

スキー構図
雑ですが、こんなイメージ

寄り道なく一番早く上達できるのが、最終的にレーシングを目指した練習

初級者・中級者からレーシングだけを目指すと、良くない方向に進んでしまうかもしれませんが、最終的には規制された中を速く滑る技術がトップにきます。

 

これただの私の考えですからね。気にしないでください。

こういう人なんだなぁーぐらいに思っておいてください。

 

こう書いておきながら、私は基礎スキーヤーです。
なんちゃってレーサーです。

たまにポール練習してこう思うようになったのです。

 

私も前は教えることよりも教わることが多かったんですけど、
今まで教わった中で、
その滑りってこの状況には使えるけど、ポール入ったら一瞬で崩れるでしょ!?!?

っていうようなことを教わったことがあります。

別にその人を否定しているとかでは全くないんですけど、
その滑りがレーシングには通用しないっておかしいと思うんですよね。

 

レーシングの滑りって、規制された中をよいラインで無駄な動きをせずにシンプルに滑るってことだと思うんです。
規制された中を速く滑れれば、規制されていない基礎スキーなんて簡単に感じるはずなんです。(持論なので、考え方はひとそれぞれ)

 

だから「速い奴は上手い

シンプルに考えて、こう思います。
スキー技術をいろいろ考えると、複雑になっていきがちですが、出来るだけシンプルに考えたい。





もう一度上の雑な図を見てください。
本線から枝分かれした基礎スキーからレーシングへは行けません。
しかし本線のトップに位置しているレーシングから基礎へは行けます。

それはレーサーは根本的に上手いから、ちょっと味付けするだけで、
基礎スキーヤーになれるのです。

しかし基礎スキーヤーは本線からずれてしまうことがあるので、レーサーになるには本線に一度戻ってから根本的な部分を上達させないと上手くなれないのです。

 

やはり「レーサー強し」です。

 

 

ちょっと話はそれますが、
ちょっと間違った方向に進んでいるスキーヤーってたまに、じゃなくてよくいます。

こういう人。。

abc
今あなたがAにいたとしましょう。目標はXです。
ここからXに行くには、A→Xに行くのは近いようで遠いのです。っていうか無理です。

一番早くXに行くためには、A→A’→Xが早いです。

B・Cに関しても同じです。一度B’・C’に戻ってからXを目指すのが良いです。

 

それでは、逆にレーサーXがAに行きたいとしましょう。
この場合はX→Aに直接行けます。だから早いです。

 

なんとなく伝わりましたか?抽象的な話で分かりにくくてすみません。

 

以上、わたしの頭の中を文章で表してみました!
それでは、また!!!

 

関連記事:ふと思ったこと、見せる滑りと正しい滑りって違うの?

スポンサーリンク
登山用品専門店の好日通販

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓