ここだけの話!スキー用のゴーグルの選び方をご紹介!

「ゴーグルの選び方」に迷ったことありませんか?

 

ゴーグルって直接肌につける部分なので、非常に大事なスキー道具なんです。

ゴーグルをおろそかにしてはイケマセン。。。。

 

そんな大事な大事なゴーグルの選び方を伝授します。
いつも通りわたしスノダノブユキ独自の視点で書きます。

どこ探しても出てこないかもしれない情報もあるかも!?!?

 

この記事でも書いたようにゴーグルは初心者でも持っていたほうがいい道具ですので、必ずそろえておいてくださいね!
関連記事:スキー初級者でも小物3点は買っておこう!買う時の注意点とは?

1.機能

ゴーグルの機能って何でしょう?

 

 

それは、、、

「目を守ること」です。

・紫外線
・外的物質

から目を守ることがゴーグルの役割です。

 

一つ目、「紫外線」っていうのはわかりますよね。
紫外線を浴びすぎるのは目にとって悪いことです。
現代人ならみんな知っていることでしょう!

まれに安いゴーグルだとUVカットがついていないものがあります。
それだと瞳孔が開いてしまい、かえって紫外線を強く浴びてしまいます。
絶対にUVカット機能がついているゴーグルを選んでください。

明らかに安っぽいゴーグル以外はたいていUVカットしてくれます。

 

二つ目、「外的物質」っとカッコよく書きましたが、
主に雪ですね。
空から降ってくる雪もそうですが、
春スキーだと滑っている最中に自分のスキーで
削った雪が顔面直撃なんてこともあります。

 

2.フレーム・スポンジ

フレームというのは枠のことです。
そのまんまですね笑

このフレームの何がポイントかというと、、、、

・鼻がフィットするかどうか?
・視界が広いかどうか?

この2点に気を付けてください。

 

一つ目の、「鼻がフィットするかどうか?
っていうのは物凄く大事なポイントです。
フィットしていないと、隙間から風が入ってきます。

晴れの日ならいいんですが、雪の日は最悪です。
隙間から雪が入ってきます。
深雪滑ると、ゴーグルの中雪だらけになります。

何も見えないです。
目が真っ白です。。。
多分周りの人は爆笑するでしょう

って笑を取るだけで、何事もなければいいですが、
雪まみれで見えなかったら、滑れません。

キケンです。

鼻のフィット感は絶対に確認してください。

鼻がフィットしなければその時点で、
そのゴーグルは選択肢から外してください。
絶対です!

もし鼻にすき間が開いてしまうゴーグルを買ってしまった場合は↓
ゴーグルの鼻のすき間問題をすき間テープで解決してみたよ

 

二つ目、「視界が広いかどうか?

これも大事ですね。
視界が広いゴーグルは年々増えているように感じます。

当然広ければ広いほど、周囲を見やすくなります。
周りのスキーヤー・スノーボーダーの動きを把握しやすくなります。

なるべく視界が広いゴーグルを選びましょう!

 

3.レンズ

レンズは様々な色があります。

 

ズバリお勧めはピンク・オレンジです。
どんな天候にも見やすいです。

クリア・イエロー・ブラウン・ブルーとかいろいろあります。
理想を言うと、天気によって使い分けるのがいいんですけど、
実際はそんなこと言ってられないです。

取り替えるのが面倒ってのもありますが、
スキー場の天気ってちょこちょこ変わりますよね。

(レンズ交換がすごく楽なゴーグルもあります)

だからオールラウンドに使えるカラーの物を持っていた方がいいです。

しかし例外としてナイターばかり滑るとう人は、
クリアを持っていてもいいと思います。

ピンクでもナイター使えますけどね。。

 

なので、レンズのカラーで迷ったら、ピンクやオレンジが無難です。

 

しかし人によって見え方が違うので、できれば自分が見やすいものを見つけていくのが理想です。
わたしは、さっきピンクを勧めましたが、イエローなんかも使います。
晴れの人はまぶしいのを我慢すればいいだけだからです。
まぶしいのは我慢できるし、なれるんです。

でも暗くて見えないときは本当に見えないのです。
だからピンクもしくはもっと明るいレンズを使っています。

暗いレンズはほとんど使わないですね!

 

 

ちょっと話はずれますが、最近は調光レンズなるものが出てきています。
光の強さによって、色が変わるレンズです。

天気の良い明るい日は濃くなり、曇りの日は薄くなるのです。
よってさまざまな天気に対応できるのです。
わたしは使ったことがないのですが、使ってたいと思っています。

調光レンズを採用するゴーグルは今後増えていくかもしれません。

4.その他

・ヘルメットに対応しているか?

そのままですけど、ヘルメットに対応するゴーグルとそうでないゴーグルがあります。

ヘルメットをして滑るのであれば、対応の物を買うようにしてください。

最近は対応しているゴーグルが多いですね。

 

・バンドにシリコン(滑り止め)が入っているか?

ゴーグルバンドに2センチぐらいのシリコンのラインが入っていると便利です。
これはヘルメットをしている場合のみの話ですが、
このシリコン入りかどうかがさりげなく重要なポイントなんです。

ゴーグルをヘルメットの上に上げたときに、シリコン入りのものだと滑らないんです。
入っていないと、ずりっと滑ってしまいます。

使ってみないとわからないんですが、
シリコン入りのものが意外と使いやすくていいのです。

 

5.まとめ

以上ゴーグルの選び方を書いてみました。

・UVカット機能がついているか?
・鼻にフィットしているか?
・視界が広いか?
・レンズの色
・ヘルメットに対応しているか?
・バンドのシリコンが入っているか?

このあたりに注意してゴーグルを選んでください。

 

お勧めメーカーはあえて書きません。
あなたの鼻にフィットしていないと意味がないためです。

オークリースミススワンズウベックスカレラあたりの有名メーカーのものでしたら問題ないです。

 

価格帯は、できれば10000円程度以上の物が理想です。
安すぎるのは曇りやすかったり、UVカットがついていないのでダメです。
ゴーグルは初心者だからといって、安いものを買ってはいけません。

 

それでは、良いゴーグル選びを!!

私が使っているシュレッドのゴーグルのレビューはこの記事でしています。
ゴーグルレビュー:SHRED SMARTEFY(シュレッド スマートファイ)

 

楽天ユーザーの人はこちらから!

 

関連記事
スキー初心者のあなたのために、道具ってどうするの?
スキー初級者でも小物3点は買っておこう!買う時の注意点とは?
ゴーグルの鼻のすき間問題をすき間テープで解決してみたよ

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓