スキージャーナルから読み取れる小回りと大回りの違い

どっちが正しいんだろうなー?大回りと小回り、ストレッチングとベンディング

 

こんにちは、スノダノブユキです。

 

今月のスキージャーナル読みました?

ジャーナルの52ページあたりを詳しく解説していきますので、

買ってない人はすぐに買ってください。

 

 

では52ページを見てください。

「脚を積極的に伸ばしていきターン前半から雪面抵抗をとらえる」

と書いてありますね。

丸山貴雄選手の滑りでは、切り換え直後はまだ膝が曲がっています。

そこから伸ばして雪面抵抗を捉える滑りになっています。

これによって谷回り部分での深いターン弧を可能になるというものです。

 

低い姿勢で切り換えて、次のターンが始まってから膝を伸ばしていく。

IMG_20160615_094534
この動きがターン前半から雪面抵抗をとらえていくエッジングにつながるということです。

 

ところで、「スキージャーナル 2016年 06 月号 [雑誌]」見ました?

この号の技術特集も以前記事でまとめてます。

(⇒エッジの切り換えのタイミングを考えてみませんか?

 

6月号は大回り

7月号は小回り

となっています。

 

大回りでは、ターン始動時の段階で(持っている人は、6月号22・23ページを見てください)

既に膝を伸ばしている武田選手と

切り換えた後に膝を伸ばしている柏木選手が紹介されています。

 

武田選手の方が、とらえが早いので点が出るみたいなことが書いてありますね。

それに対して7月号(小回り)は切り換えた後に膝を伸ばしている丸山選手は谷回りから深い弧を描いていて良い

って書いてあります。

 

まとめますよ!

点数が出ていたのは、、、

大回り:ストレッチング

小回り:ベンディング

 

矛盾しているような気もします。。。

どっちがいいというのはないと思います。

どちらにしても切り換え後早いタイミングで雪面を捉えるというのが大事です。

早くとらえれば、スキーは勝手に回ってきますからね。

捉えが遅くなるほど、無理やり回す動きをしちゃいますので。

 

ただし、ジャーナルに書いてあるように、小回りは山回りで吸収して、膝を曲げた状態で切り換えた方が次のターンを捉えやすくなると思います。

ただし個人のレベルによっても変わってくるので、一概にどっちを練習すればいいのかは言えないです。

 

とにかく練習して、自分の体にしみこませることが大事です。

膝を伸ばすタイミングいろいろ試してみてください。

 

練習時間が取れないって人は、まずこの記事を読んでください。

こんなところにスキー本 新発見潜在意識上達法

今できることをやりましょー!

 

みなさんついてこれましたでしょうか?

ジャーナルの技術特集は難しいですよね。

出来るだけわかりやすくまとめて行きたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓