スキーは筋トレすれば良いってもんじゃないですよ。筋トレの悪影響?

こんにちは、スキー教師のスノダノブユキです。

 

「筋トレすれば良いってもんじゃないですよ。」

 

スキーは力まかせに滑ってはいけません。力を抜くことが大事だったりします。

筋力がありすぎることで、力でなんとかしようとしてしまうことがあるんです。

 

だから私は筋トレしない方が良いこともあると思っています。

 

 

 

技術的な話になりますが、、、
力で何とかしようとする人には二つのパターンがあります。

①その場でなんとかしようとする人

スキーってその場では動かないんですよ。

必ず滑って移動しながら動かしていくもの。滑りながらスキーの向きを変えていくもの。

滑りながら力を入れて雪を削ってずらしていくもの。

その場でどうこうしようとしても無理なんです。

しかーーーし、筋力がある人は、、、、、
その場でなんとかしようとしがちです。

無理矢理、力づくでスキーを回そうとするんですよ。

②スキーと重心の位置関係的にムリな運動をする人

もっと具体的に言いますね。

本来は、小指側のエッジを使わないといけない場面で、無理矢理親指側のエッジを使う人

これは重心移動出来ていないために起こるものです。使うべきじゃない反対側のエッジを使っている。

逆のエッジを使っているので、スキーは思ったように動くはずがないのです。

でも力でなんとかしようとするのです。

 

 

こんな感じで力でねじ伏せようとする人には二つのパターンがあります。

あの人もっと筋力弱かったら良い滑りになりそうなのに、、、っていう人実は多いです。

筋力に頼っちゃダメですよ。

力で勝負しないで、力を入れなくても滑れるような技術を身につけましょう!

 

レジャースキーヤー、基礎スキーヤーはそんなに筋トレしなくてもいいかなって思います。

(競技スキーヤーは別です。)

 

関連記事:
このブログから売れている本:「筋肉」よりも「骨」を使え!
ストックの握り方のコツ、親指か小指か

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、無料レッスンのご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のレッスンのご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓