表現の自由はあるけれど「水平」って自由じゃない件について。

日本国憲法に「表現の自由」という項目があるのは知っていると思いますが、、、

自由に使ってもそれを理解されなければ意味がないです。

 

憲法はどうでもいいのですがが、
表現方法は気を付けないといけないと思ったことがあります。

 

上の写真を見てください。

これはスキージャーナルスキージャーナル2016年9月号の記事です。

10~23ページの特集についてです。

 

ターン中盤から後半に腰を水平にすると強い力を働かせることができる

水平」って言葉で理解できますか。
もちろんすぐにピンとくる人も多いでしょう。

でも私はよくわからなかったのです。

文章を読んでいくと、「斜面と水平に保つ」とかいてありました。
こっちの方がわかりやすいですね。

 

でも斜面に水平って言われてもまだわかりにくいと私は思うのです。

スキーにおいて、「水平」という言葉は気を付けて使わないと理解されにくいんですよね。

だから私は使いません。

 

ひねくれているかもしれませんが、私のイメージを書きます。

そもそも「腰を水平」、、腰って腰の左側と右側を結んだ線って捉えました。

「斜面」は斜面、傾いている面ですよね。

腰を斜面と水平?
線と面だから線の向き(=腰の向き)はどうでもいいのかな?

んんーー?そもそも水平ってなんだ?

調べてみたら、水平とは重力に対して垂直な方向らしいです。
ってことは「斜面と水平」って表現意味わかんなくない?

平行と水平は違うんだよな?

 

?????????

もう混乱ですよ。
考えれば考えるほど混乱してきた

 

いやこんなに考えてはいけないんですよね、きっと

もっと気楽に読むものなんでしょう。

結論:

日本語として考えると理解できませんでした。

多分「斜面と水平」って日本語は間違っていると思う。

 

っていうのはありますが、山田卓也さんは何が言いたかったかっていうと、
「腰の左側と右側を結んだ線を傾けない」
ってことだと思います。

ヤマタクももっとわかりやすい表現してくれればいいのにな。
本当にヤマタクが「斜面と水平」はんて言葉を使ったのか?

 

っていうことで終わりにします!

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、無料レッスンのご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のレッスンのご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓