見本を見るのが一番です。基礎スキーヤーなら技術選が一番!

見てマネて練習する。

これしかないですよ、上達するには!!!

どんなスポーツだってそうでしょ!

野球でもバレーボールでも卓球でもテニスでも体操でも陸上競技でも
良ーく上手い選手の動きを見てマネすることが一番です。

 

技術選2016 基礎スキーの世界では、「技術選」がトップの大会なのは知っている人も多いかもしれません。

正式には「全日本スキー技術選手権大会」と言いますが、
毎年3月に行う大会で、全国から超うまい選手が集まります。

この大会はジャッジが選手の滑りに点数をつけて、高い点数を獲得した選手が勝ちです。
ジャッジは5人いて5人のうち、一番高い得点と低い得点を除き真ん中の3つの得点が採用されます。多くの採点競技もこのような方式をとっていると思います。

他の採点競技と同じく、人間がジャッジするため採点に関してはたびたび論議が出ています。人間のすることなので多少は仕方ない部分もあるでしょうと私は思います。人間は注意してても感情で動かされる生き物ですから。

 

それで、技術選に関しては公式ページにも情報は出ていますが、スキー雑誌にも必ず特集が組まれます。

スキーグラフィックスキージャーナルの2誌は毎月のように技術選の話が出ています。

 

 

で、、上手い人のマネをすれば上手くなりやすいですよ、って話。
ただし初級者・中級者がマネするのは、無理です。どうマネするのって感じになると思うので、無理しないでください。

上級者は技術選の選手の滑りをマネするのがいいですよ!

 

 

これを見まくって滑りを頭に入れるのです。勝手に滑りが想像できるぐらいまで、見込む(こんな日本語あるのか?)とイメージだけは完璧です。でもそれが大事なのです。頭でイメージするってめちゃくちゃ大事です。それに関してはこの記事にも書いてあります。

関連記事:こんなところにスキー本 新発見潜在意識上達法

 

またジャーナルとかの雑誌の写真って多くが斜面の下から撮っているものが多いのですが、この技術選のDVDでは横からの映像も映っています。これは正直大変勉強になります。

関連記事:上手い人の滑りを下から見ているだけでは上手くなれない原因はこれ

 

横からの映像を見ることで新たな発見がある可能性が高いです。

関連記事:あなたに見えているものと、上手いスキーヤーの動きとの違いとは?

 

難しすぎて勉強にならないってこともあるかもしれませんが、本気で上手くなりたいならDVDを見まくるのも大事です。わたしは毎日のように見ていた時もありました。今でも見ています。いつになっても勉強になります。

技術選2016のDVDはこちらです。

理想はDVDではなく生で見るのが一番ですけどね、、、。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓