ずらすが勝ち、エッジを立てなければずらせる!?

ずらすが勝ちと言いましたが、それでもずらせないものです。
どうすればずれるんだよ!って思うかもしれません。
ずらすのって難しいんですよ。

関連記事:スキーは”ずらす”スポーツです、”ずらす”が勝ちです。

 

スキー・スノーボードの意外な点、「初心者はずらせない、切りまくり

 

私も下手くそなスノーボードをやるとずらせないんです。そして切ろうとしてないのに切れちゃうんです。

ゆっくり滑って雪削ってずらしたいのに、ずらせない。
ずらせないので、切ってしまって、どんどんスピードが出てくる。
で、結果こける。

 

ほんともうねぇ、あんなに低速なのに怖いんですよ。

ヘタなスノーボードやると、こうなります。
急斜面でもないのに、ちょっとでもスピード出ると怖くなって、ずらせなくて、こける。

これむかつくんですよ。
なんであんな低速でしか滑れないのかって!?!?!?

それで、嫌になって辞める。

ってもう何年間かやってないなぁ、スノーボード。
今やれば少しは上手くなれるかな?
っていう私の話はどうでもいいんですが、じゃあ、どうすればずらせるのか?が問題ですよね。

 

ずらし方を覚えれば簡単に上達できます。
(簡単ではないのですが、知識があるだけでも上達スピードが違います)


ずらす方法とは?

1その場で曲がろうとしないこと

ここれスピードが怖い人は必ずと言っていいほど、こうなるんですが、
その場で曲がろうとする」のです。

でもスキーってその場で向きを変えることはできないのです。
滑りながら(位置を変えながら)じゃないとスキーの向きって変わらないのです。

無理やり力ずくで曲がる方法もありますが、初心者・初級者にはできません。

上達する上で大事なのは、その場ではなく滑りながら徐々にスキーの向きを変えていく
低速ではその場で向きを変えることができないし、急に向きを変えることもできないです。

 

2エッジを立てすぎないこと

スキーってエッジを使うスポーツです。
エッジとはスキーのサイドにある金属の部分です。

エッジを制したものがスキーを制します。

エッジの特性なんですが、
・エッジを立てると切れやすい
・エッジをあまり立てないとずらしやすい

これでわかりますよね!
エッジが立ちすぎていないかチェックしてください。
立ちすぎてると、切れます。スピード出すぎます。

エッジは立てすぎないように滑るとずらしやすくなります。

3目線を少し先行させること

これも大事です。目線。

だいたい人って目線がある方向に行きやすいです。

でも目線が先に行き過ぎると曲がれないんです。ずらせないんです。

2のエッジを立てすぎないことに通じてくるんですが、
目線が先行しすぎるとだいたいほ人はエッジが立ちすぎます。

先ほど書いたようにエッジが立ちすぎるとスキーってずれないんです。

エッジを立ちすぎないために目線は少し先行させましょう。
全く先行しないのもだめですよ。

少しだけ目線を先行させること、これが大事です。

 

 

以上3点に注意して、スキーをずらしてスピードをコントロールしましょう。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓