ホットワックスのワックス選びー良いワックスとは?

ホットワックスやったことありますか?

あれ面倒ですよね。。。

やりたくない人多いんじゃないですか?
やりやすい作業場所があればまだいいですが、ないと床がツルツルになって困りますよね。

家でワックスかけて奥さんに怒られたって話を聞くこともあります笑

それでもワックスかけたいという人のために、ワックスの選び方を超簡単にご紹介します。
ホットワックス入門者に最適なワックスをご紹介します。

 

ホットワックスをするにはアイロンとか、スクレーパーとかブラシとか必要ですが、今回説明するのは、ワックスです。
ガリウム・TOKO・ホルメンコール・SWIX・ドミネーターなどなど、、、、
いくつかワックス作っている会社ありますが、どのワックスを使えばいいのかを簡単にご紹介します。

 

例えば、ガリウムのワックスであれば、いくつか種類ありますが、これで十分です。



EXTRA BASE シリーズです。
温度帯によって4種類あります。雪温に合わせて選んでください。

このEXTRA BASE シリーズは一番安いワックスです。
一番安いので十分なんです。このシリーズを最初に使いましょう。

フッ素入りのHYBRID HFシリーズですが、まず値段が高い。
そしてソールに浸透しないのです。

先ほど紹介いたBASEシリーズは浸透します。値段が高いHYBRID HFシリーズは浸透しないので、あまり滑らないのです。
って言っても滑走面にBASEが浸透していれば、HYBRID HFシリーズは効果を発揮します。

値段が高いワックスをかける前にまずはBASEとなる安いパラフィンワックスをかけておくことが必要なんです。
これ絶対です。見え張って高いワックス買わないようにしてください。

まず一番安いワックスで十分です。

一番安いワックスでもガリウムの場合は4種類あると言いましたが、これをどう使い分けるかも問題です。

雪温の高い時用のワックスは柔らかく、低い用のワックスは硬いです。

柔らかいワックスはソールに染み込みやすいのですが、その分汚れもつきやすいです。
硬いワックスは、染み込みにくいのですが、汚れにくいので長持ちします。

春の汚い雪の時は、あまり柔らかいワックスを使うのはどうかと思います。
私の友人のワックスマニアは春でも硬いワックスを使うと言っていました。

 

 

基礎スキーヤーであれば、基本的には一番安いワックスだけで十分です。
凝りたい人はもっと高いフッ素入りワックスを使ってみて下さい。

 

正直に言うと、フッ素ワックスを使うほどやるのは、自己満の世界と言ってもいいでしょう。
そこまでワックスに凝ってもスキーが上手くなるとは思えません。笑

でも滑った方がスキー操作はしやすいのは間違いないです。
でもある程度滑ればそれで充分なのではないかと私は思います。

 

自己満でいいよって人はワックスに凝ってください。
それはそれで面白いと思います!!!ワックスマニアになってください。
私の周りにもそんな奴がいますが、それとスキーが上手くなるのは別だと思っていますし、本人もそう思っているみたいです。

 

私が使っているワックスはこれです。

 

ガリウムのワックスは染み込みにくいので、1回塗っただけではあまり滑りません。
何回も塗っていくと滑るようになります。
滑って塗って滑って塗ってが大事です。
頑張りましょう!

 

ワックス以前に、これも超重要。この↓の記事
関連記事:ワックスではない。スキーが全然滑らない原因とは?

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓