抽象度を上げればスキーも人生も同じー追い込むタイプか計画的なタイプか

あなたはどっちのタイプ?計画する?しない?

突然ですがあなたは、

①追いつめられたときに力を発揮するタイプですか?

②追い詰められないように計画的に取り組むタイプですか?

 

この記事は珍しくスキーの話じゃないのか!?!?って思ったかもしれません。

でもバリバリスキーの話です。

 

スキーヤーの皆さんは続きをご覧ください。

 

 

さて、最初にした質問、あなたはどっちのタイプでしたか?

①追いつめられときに力を発揮するタイプ

②追い詰められないように計画的に取り組むタイプ

 

私は②です。

計画性のある方です。追いつめられると諦めるタイプです。

だからあまり追いこまないですね。徹夜なんかしたことないですし。

 

 

で、なんの話なの??って思ってますよね。

 

スキーに例えたら?

この質問ですが、スキーに例えるとこうなります。

①追いつめられたときに力を発揮するタイプ⇒競技スキーヤー

②追い詰められないように計画的に取り組むタイプ⇒基礎スキーヤー

 

 

何故こうなるかって?

 

ポールの中を滑る競技スキーヤーは、常に次のポールに可能な限り最短距離で滑ることを求められているのです。

常に追い詰められていると言ってもいい。。。

だから、追いつめられると強い人は競技スキー向き

 

それに対して基礎スキーヤーは、制限がほとんどなく与えられた斜面を自分の好きなラインで滑る。

つまり上手く計画しないと大会や検定では得点が出ない。

だから、計画性がある人は基礎スキー向き

 

ってことになります。あくまでもスキーに例えたらの話です。

 

 

んーーーー、でも実際は違うなこれたぶん。

 

基礎スキーヤーだって、追いつめられると強い人いるし、
競技スキーヤーだって、計画的に動く人もいるし。

 

スキーに例えたらこうなるのかなって?っていうだけの話ですね。

 

でも追いつめられると力を発揮する人は多いと思います。

②の計画的に行動できる人でも、追いつめられると力発揮するときもあるでしょう。
①の人お、計画的に行動することもあるでしょう。

 

 

結論①

で、、、今日の記事で一番言いたいことはこれです。

 

追いつめられると力を発揮する

 

なんだよ、さっきと言っていること同じじゃんと思ったでしょ。。。。。

 

 

常に追い詰められるポールの中を滑っていると上手くなるってことです。

 

整地だけ滑っているんじゃなくて、ポールの中で追いつめられていると上手くなります。

上手くなる環境なんです。

 

 

でもずっと追いつめられていると、疲れるだけなのでたまには整地で休憩が必要なんです。

 

 

 

結論②

人生に例えると:人間追いつめられると成長するが、常に追い詰められていると疲れるので休憩が必要。

スキーに例えると:ポールの中で追いつめられて滑っていれば上手くなるが、常に追いつめられていると滑りはぐちゃぐちゃになる。

 

 

人生もスキーも同じってことです。

 

 

 

話の抽象度を上げれば、スキーも人生も同じなんです。

以上です。

 

変な話を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓