スキー好きなあなたにお勧め、東野圭吾さんの小説5作

東野圭吾さんは誰もが知っている超有名な小説家ですが、
スキーにまつわる小説をいくつか書いています。

知っている人も多いですよね。

今調べてみたところ6作ありました。
こんなにあったんですね!

スキーヤーならば読んでみましょう!!!

 

時系列順に紹介します。

1.鳥人計画(2003年8月)

これは読んだことがないのですが、スキージャンプの物語です。

「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。俺を密告したのは誰なんだ?」警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる…。精緻極まる伏線、二転三転する物語。犯人が「密告者=探偵」を推理する、東野ミステリの傑作。

 

2.カッコウの卵は誰のもの(2010年1月)

往年のトップスキーヤー緋田宏昌は、妻の死を機に驚くべきことを知る。一人娘の風美は彼の実の娘ではなかったのだ。苦悩しつつも愛情を注いだ娘は、彼をも凌ぐスキーヤーに成長した。そんな二人の前に才能と遺伝子の関係を研究する科学者が現れる。彼への協力を拒みつつ、娘の出生の秘密を探ろうとする緋田。そんな中、風美の大会出場を妨害する脅迫者が現れる―。

これは読みました。遺伝子の研究者とトップスキーヤーの娘の物語。
親子の物語でもありますね。
アルペンスキーをしている娘の成績がいいのは親の遺伝子のおかげなのか?
親の遺伝子を調べてみると、、、、。

これは2016年春にドラマ化されています。
DVDも発売されていますので是非!!!見ましたが面白かったですよ。。泣けます。。

主人公の緋田風美を土屋太鳳さんが演じています。
本人も滑っているところがありましたよ!!
連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの Blu-ray BOX
関連記事:スキードラマ、白馬で撮影ーカッコウの卵は誰のものーDVD発売決定!

3.白銀ジャック(2010年10月)

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。

スキー場に爆弾をしかけたとの脅迫状が届いた。犯人は誰で、どんな目的だったのか?
スキー場の経営者、警察?、パトロールなどが出てきます。

これはドラマ化されました。安比で撮影されたそうです。
広末涼子さん、渡辺謙さんなどが出演しました。

4.疾風ロンド(2013年11月)

強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え―そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。

これ読みましたが、想像できるんです。気になって気になって仕方ないです。
何が気になるかというと、、この小説の舞台は「里沢温泉スキー場」なんです。
ぱっと見、「野沢温泉スキー場」に見えます。

この時点で野沢温泉を想像しながら読んでしまいます。野沢をイメージして書いているなっていうのを感じました。

野沢温泉に行ったことある人ならより、リアルに感じられて楽しめる小説でしょう。

そして2016年映画化されました。やはり撮影は野沢温泉で行われたようです。

関連記事:
東野圭吾さん原作の映画「疾風ロンド」予告映像入りました。
初めの人も安心!野沢温泉のサマーゲレンデ(ピスラボ)をどこよりも詳しく解説

5.恋のゴンドラ(2016年11月)

この恋の行方は、天国か地獄か。怒濤の連続どんでん返し!
真冬のスキー場にやって来た男女。
日常を離れた大雪原を舞台に彼等の恋は走り出し、
やがて思いもよらない結末を迎える!?

こちらは珍しく(?)恋バナです。
ゴンドラの中で危機的状況に遭遇したら対応するべきか?スリル満点で読みやすいです。

疾風ロンドと同じく、里沢温泉が舞台となっています。

でも表紙の絵は野沢温泉には見えないですね。
北海道っぽい感じに見えます。

 

6.雪煙チェイス(2016年11月)

殺人の容疑をかけられた大学生の竜実。彼のアリバイを証明できるのはスキー場で出会った美人スノーボーダーただ一人。
竜実は彼女を見つけ出し、無実を証明できるのか?
『白銀ジャック』『疾風ロンド』の“あの人”も登場!
この冬必読・ノンストップミステリー。

 




わたしが読んだ3作はすべて面白かったです。
普段小説は読まないのですが、スキーヤーなので読んでおかないとという気がして読みました。

東野圭吾さんの小説は読みやすいです。私みたいに、読んでいるうちに違うこと考えてたっていう人でも意外とすんなり読めてしまいます。

スキーヤーだから楽しめるって部分もあるので、ぜひスキーヤー・スノーボーダーの人には読んでほしいです。

 

ご購入はこちらからどうぞ!

 

「あのスキーはどこへいった?」ニシザワスキーの一生を知ることが出来る本

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓