発見!スキーヤーなのにボーダーばかりのスキー場が天国に感じる理由

朝一最高

朝一のキレイなバーン最高!!

 

そんな最高バーンを滑りました。

その日の朝一、私以外全員スノーボーダーでした。

スキーヤー私一人、スノーボーダー10人でした。

 

なんだよ、ボーダーしかいないじゃん、最悪。。。って思っていました。

しかし1本目が滑り終わり、リフトに乗っていたところ・・・・。

 

その時、わたしはあることに気づきました。

いままで全く気づかなかったあることに気づいてしまったのです。

 

ボーダーしかいない今この状況は最高の状況であることに気づいたのです。

 

 

 

その日ゲレンデは、圧雪がきれいにかかっていました。

圧雪車(ピステンブーリーではない)のミルの後がビシッときれいにかかっていました。

(関連記事:圧雪車の代名詞ピステンって本当になんのことか知ってますか?

 

みな気持ちよさそうに滑っています。

 

圧雪車の跡に自分のシュプールを刻んでいます。

リフトからは、キレイなシュプールが見えました。

 

このとき、1ラインだけ違ったシュプールが見えました。

そう、その一人違ったシュプールを描いていたのは、私でした。

 

明らかに私が刻んだものなのです。

 

私以外はみなボーダー、1本のラインが刻み込まれます。

しかし私だけ2本のラインを刻み込んでいたのです。

 

自分のラインだけはっきりとわかるのです。

そう、ここはボーダー天国ではなくて、スキー天国だったのです。

 

ボーダーしかいないからこそわかる私のシュプール。

スキーヤーしかいないゲレンデでは絶対にわからないことが、ここではわかるのです。

 

1本線の中にただ一つ、2本線が。。。。

 

 

早速わたしは、このシュプールを目で追っていきました。

ずーーーっと追ってました。

 

キレイな2本線のところ、ずれ幅の大きいところ、
切り換えてスッと次のターン弧に入っているところ、
山回りでエッジングが集中しているところ。

わたしは自分の滑りを分析しました。

 

こんな分析ができるのは、スキーヤーが私一人しかいないからです。

こんないい日はありません。

 

簡単に自分の滑りが分析できるのです。

 

そのシュプールを見てわたしは、意識を変えて滑りました。

 

キレイなターン弧を描くために注意すべきところがわかったのです。

 

2本目、納得の滑りが出来ました。

 

そして再度リフトに乗りました。

ゲレンデはあっという間に荒れていきます。

シュプールもどれがどれだかわからなくなります。

 

何とか見えました。私のシュプールが。

私の滑りの良いところ、悪いところ

またリフトに乗りながら、シュプールを見て分析しました。

 

3本目、ミスが多く納得の滑りはできませんでした。

そう簡単にはいかないのがスキーです。

 

 

しかし、自分の弱点、修正すべき点がわかるのです。

ボーダーさんありがとう。

 

また一つ収穫があった日でした。

 

ボーダーさんありがとう。

スノダノブユキ

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓