小回りが苦手だからと言って、Rがきついスキーを買うのは正しくない場合もあるよ

この記事は、

  • 小回りが苦手
  • 小回りをキレイに滑りたい
  • 小回り用にスキーを買いたい
って人必見です。

例えばこんなスキー
ノルディカのSLRという小回り用のスキーがあります。
これはスラローム競技用のセカンドモデルのスキーです。
R=約12です。

R12だからと言って、回りやすいかと言われると、必ずしも「Yes」とはいえないです。

もちろんキレキレのカービングの滑りをするならば、適したスキーです。
でも基本的にスラロームのスキーっていうのは、硬いです。硬いです。硬いです。

3回繰り返しましたが、硬いのです。(またかよ!?)

 

簡単に考えると、硬い=扱いが難しい、キレる、スピード出やすい
となります。

硬いバーンで、キレキレのカービング小回りで滑るならば、スラロームのスキーは良いですよ。

 

じゃああ、、、、、

柔らかいバーンで、ずらして回し込んだ小回りをしたければ、どうでしょうか???

スラロームのスキーは回し込むのが意外と難しいんですよ。
まず筋力を必要とします。
筋力があっても、良いポジションじゃないないと、回らないのです。

テールが硬いのでずれにくく回ってこないのです。

その結果、、、
回らない⇒腰が山側に残りやすい⇒後傾⇒暴走
となってしまいやすいです。

 

 

だから、何が言いたいかっていうと、、基礎スキーに使うならば「スラロームのスキーは安易に買ってはいけない」ってことです。
R=12でも回しづらいです。気を付けましょう。

1級とかテクニカルぐらいのレベルの人は競技用のスラロームのスキーはオススメしません。

 

デモモデルのスキーは扱いやすいですよ。こっちがオススメ!!
競技用は難しいです。

 

ノルディカで言えば、スラローム用のSLRは難しいですが、デモ板のスピッドファイアーは扱いやすいです。この二つは全然別物です。

ヘッドならば、スラローム用のworldcup i.SLは難しいですが、supershapeシリーズは使いやすいです。

基礎スキー用の小回りなのか、競技のスラローム用なのか、同じように見えて、結構違いますので気を付けてくださいね!

 

基礎スキーで使うならば、スラロームのR12よりもデモのR14あたりの方が使いやすくて個人的にはオススメです。

 

ただし、、、私の試乗した感じ、他人のレビューを見るとフィッシャーの競技スキーは扱いやすいので、他社と比べると基礎スキーでも使いやすいです。


2017-2018モデルの試乗したスキーをこちらの記事にまとめているので、参考にしてください。いろんなスキーのレポートをまとめています。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓