2018年1月13日のレッスン内容をnoteで公開。低速は大事。

こんにちは、スノダノブユキです。

この記事は2018年1月13日に白樺湖ロイヤルヒルで行われた、レッスンの内容について書いています。

レッスンテーマの詳細はこちらもご覧ください。
https://skitop.jp/post_lp/2018lesson
こちら↑にも書いてありますが、今回も前回同様に無料でレッスンを行いました。

無料と言っても、ボランティアでもなければ、手を抜いてレッスンをしたわけでもないです。あくまでも仕事としてレッスンを行いました。

レッスンに満足してくれた人、復習したい人、読み直して忘れないようにしたい人、今後に期待している人、参加できなかったけど内容は知りたい人のためにこの記事を書きました。

行きたいけど、日程的、場所的に行けないって人も多いみたいなので、レッスン出てない人にもわかる・役に立つような内容にしましたのでご覧ください。

 

今回のテーマはこれです。
プルーク~シュテム スキーの基礎を徹底練習

パラレルターンではなく、もっとスピードの遅い低速で練習しようという内容です。ここで間違えて欲しくないのは、「低速を練習しよう」ではなく、「低速で練習しよう」なのです。

 

プルークボーゲンの完成度を上げても特別意味はないと思うので、パラレルターンにつながることを目的とした練習です。それをプルークやシュテムを使って練習しようというものです。(少しだけパラレルターンをやった)

私みたいにスキー教師になろうとしている人であれば、プルークボーゲンやシュテムターン自体の精度を上げる必要があるのですが、今回はそういう練習はしませんでした。

もう一度言います。
低速で練習をしたのは、パラレルターンの完成度を高めるためのものです。

では、なぜ低速で練習すると、パラレルターンの完成度が高まるのでしょうか?
それは、、、、

続きはこちらに進んでお読みください↓
https://note.mu/skitop/n/n74e8f838b4f9

 

関連記事:2017年12月16日菅平のレッスン模様をちょこっとだけお伝えします。

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、レッスンのご案内などもメルマガ会員に優先的にしています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。
ださいですけど、気にしないでください。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押しましたら、すぐに承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中
noteという今流行りつつあるサービスを利用しています。

なぜブログでは公開できないかって?
それはお金を払って私のレッスンを受けてくれる人に教えているような内容だからです。
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓