子供と大人の滑りの違いは省エネか浪費かの違いー子供を見習えー

子供と大人って滑りがなんか違いますよね

 

何が違うのでしょうか?

1.脚を伸ばして滑るか曲げて滑るかの違い

子供と大人の違い、一つ目は、「脚を伸ばして滑るか曲げて滑るかの違い」です。

子供は脚を伸ばして滑るしかないんです。

筋力がないから、曲げて滑ることが出来ないのです。

 

伸ばすと少ない力で滑ることが出来るんですよね。

 

大人は子供を見習って、伸ばして滑ることも必要なのかもしれません。

たくさん膝・股関節曲げてるのに、たいして力が雪に伝わってない人がたまにいます。

 

それなら曲げなくていいんじゃないの?って思ったりします。

 

 

今言っているのは、曲げるか曲げないか、0か100かってことでないですよ。

意味ないなら曲げをおさえた方が良いですよって話です。

 

 

曲げることのメリットってもちろんあって、重視移動しやすかったり、エッジを緩めやすかったりします。

だから曲げ伸ばしを大きくすることは悪いことではありません。

 

でもデメリットもあって、疲れやすいっていうのがあります。

だから必要以上の曲げは辞めた方が良いのです。

 

大事なのは、ターン弧やスピードにあった曲げ伸ばしです。

 

2.両腰の高低差の違い

子供と大人の違いの二つ目は、「腰の高低差の違い」です。

内脚持ち上げて

と言ったときに、子供と大人では全然違うシルエットになるのです。

 

私がよく注目するポイントにターン後半の腰の高低差があります。

山腰と谷腰の高さの差です。

 

谷腰は低くなって欲しいんですよね。その方がしっかり外スキーに力を加えることができます。

例えばこの写真を見て下さい。



↑これは高低差が無い姿勢

次にこれ↓



↑これは谷腰が低い姿勢

 

2枚目の写真の方が良い姿勢です。

 

話を戻すと、子供と大人では、「内脚持ち上げて」と言ったときに違うシルエットになるということでしたね。

 

子供は内脚を持ち上げるとこの2枚目の写真のように、自然に高低差が出てくるのです。

でも大人は1枚目のように、腰の傾きが出ないシルエットになることが多いです。

 

なぜこのような違いで出るのでしょうか?

それは筋力の違いです。

 

内脚を持ち上げるときは、2枚目のように高低差を出す方が筋力はいらないのです。

 

子供は上半身をターン外側に傾ける(=外傾を強める)ことによって、内脚を持ち上げるのです。

でも大人は、筋力を使って高低差をとらないで持ち上げるのです。

 

どちらが良い滑りかというと、当然子供の方です。

外傾をとって内脚を持ち上げる方が自然です。自然で楽です。そしてキレイな外脚荷重が出来ます。

子供の方が自然で楽なスキーなのです。

 

3.まとめ

子供と大人の大きな違いの一つに「筋力」があります。

筋力が少ない子供は、少ない力でも滑れる技術を自然に身につけるのです。

でも大人は筋力に頼って、不自然な滑りをしてしまうことがあります。

筋力があることがマイナスに働いてしまうこともあるのです。

 

これを読んでいる大人の皆さんも、子供の滑りから学べることはあるのです。

楽なスキーを身につけましょう!!

 

この記事にも筋力があることのデメリットが書いてあります。ヒマな時に読んでみて下さい。

関連記事:スキーは筋トレすれば良いってもんじゃないですよ。筋トレの悪影響?

KSJPのメールマガジンのご案内

【KSJP】メールマガジンの登録
スキーに役立つ情報はこのブログで公開していますが、メルマガではネット上で公開できない、したくない情報をメルマガで取り上げています。

私スノダノブユキの個人的なことや、オフ会のご案内などもメルマガ会員さんだけにしています。

本当に今は私のオフ会のご案内はメルマガ会員さんにしか行っておりません。SNSにも上げないでこっそりやっています。

「KSJP」というのは(K)こっそり・(S)スキー・(J)上達・(P)プログラムの略です。

気になる人はこのすぐ下から、名前とメールアドレスを記入して登録をお願いします。不定期で配信しています。

購読ボタンを押すと、承認メールが配信されます。アドレスをクリックして承認してください。届いていない場合は迷惑メールに入っている可能性があります。必ずご確認ください。

スキーnote

ブログで公開できない、
スキー上達マル秘術公開中

プロが教えるスキー講座! ワンコインから購入可
・ゲレンデに行けなくても学べる
・知りたい部分だけ購入できる
・いつでも質問できる
まずは詳細をチェック!
気になる人は下のバナーか「ここ」をクリックしてみて下さい↓